2012年オープンの5つ星! ガヤアイランドリゾート

全景

まるでジャングルの中にあるリゾート。でも目の前は海で心地よい波の音がお部屋まで聞こえてきます

ガヤナエコリゾート、ブンガラヤリゾートに続いて2012年にガヤ島にオープンした3つ目のリゾートが、ガヤアイランドリゾート。こちらは北海道ニセコビレッジなども傘下におさめるマレーシアの大手リゾートチェーン、YTLホテルズが経営する5つ星リゾートです。

ガヤ島はトゥンクアブドゥルラーマン国立海洋公園に制定されている島のひとつで、海はもちろんのこと、手つかずのジャングルが残されており豊かな自然が魅力です。またリゾートから対岸のコタキナバルを眺めると、サバ州のシンボル、キナバル山が真正面。リゾートに居ながらにしてボルネオの自然を味わえる、まさにボルネオの魅力を凝縮したリゾートと言えます。

ガヤ島の他のリゾートにも同様の魅力はあるのですが、このリゾートの素晴らしいところは洗練された接客体制。ゲストグループごとに担当スタッフがつき、チェックインからチェックアウトまで付かず離れずの距離で滞在のフォローをしてくれます。そして嬉しいことに、現在こちらのリゾートには日本人スタッフの方がいらっしゃいます。レストランやアクティビティの予約など、日本語で気軽に相談できるのは心強いですね。

離島とは思えない快適さ。自然との一体感が嬉しいヴィラ

お部屋

眺めのいいバルコニーからお部屋に入ると、手前にベッドルーム、続いてデスクとウオークインクローゼット、奥にオープンバスルームへと続きます

お部屋は左右2室の2階建て、計4室が一棟のヴィラを構成しています。お部屋のつくりは全室共通で、眺めの良さによって「バユヴィラ」「キャノピーヴィラ」「キナバルヴィラ」に分かれています。

奥のバスルームにはとっても大きなバスタブ、左右に二つの洗面台、シャワー、トイレがあり、バスルームとベッドルームの間にはデスク、冷蔵庫やコーヒーメーカー、そして二人分のスーツケースを広げられるほどの広さのウォークインクローゼット。ベッドルームからはすぐに眺めの良いバルコニーに出られます。

充実した施設とアクティビティで退屈知らず

プール

海を眺めながらのんびりくつろげるプール。子供用の浅いプールもあります

リゾート内にはレストランが2軒、スパ、プール、プライベートビーチ、お土産屋さんなどがあり、裏手のジャングルを散策できるトレイルもあります。

離島内のリゾートなので、ホテルを拠点に観光などに出かけるのには向きませんが、リゾート内だけで楽しめるように、早朝ヨガ、ガイド付きシュノーケリング、お料理教室、ハンディクラフト教室、ジャングルトレッキング、民族舞踊教室など様々なアクティビティが用意されています。

ただしアクティビティのスケジュールは曜日ごとに日替わりですし、人気のアクティビティやスパは到着時にはすでに予約が埋まっていたりすることもあるので、リゾートとアクティビティをたっぷり満喫したいなら最低でも2泊以上滞在されるのがいいでしょう。

送迎ボートの発着がステラハーバーリゾートのマリーナなので、ステラハーバーと組み合わせて街滞在と両方楽しむのも良さそうですね。

まだ新しくてガイドブックなどにもほとんど載っていませんが、これから人気が出てきそうな注目のリゾートです。

<DATA>
■ Gaya Island Resort
住所:Malohom Bay, Tunku Abdul Rahman Marine Park, Kota Kinabalu
TEL:018-9391100
料金:810リンギット~(税、送迎料金別)
アクセス:ステラハーバーマリーナより送迎ボートで15分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。