古代文明の足跡が点在するペロポネソス地方

nafp

ペロポネソス地方のリゾート地 ナフプリオ

ギリシャ本土の南部に位置するペロポネソス地方は、古代文明の足跡があちこちに残されている最もギリシャらしい地域です。ペロポネソス半島の玄関口で、アテネから西に約80kmの地点にあるコリントス運河は、アテネから日帰りで訪れることのできる観光スポット。現在でもギリシャ南部とイオニア海を繋ぐ重要な海のルートです。両側から鋭く傾斜している崖のずっと下に細い運河の水面が見える様は、吸い込まれるような迫力があります。旧コリントス遺跡は古代からローマ期に建てられたもの。特に紀元前6世紀建立のアポロン神殿は必見です。

ナフプリオはアテネから約140km。アルゴリコス湾に面した町で、周辺の遺跡などを巡る際の拠点となります。ホテルやレストラン、カフェ、土産物屋などが軒を連ねる風光明媚なリゾート地で、細い路地の古い家々にはブーゲンビリアの花が咲き乱れています。港に浮かぶ小島ブルジィ島、トルコからの独立戦争の際、重要な城塞となったパラミディの城跡などが見所です。19世紀初頭にはギリシャの首都でもありました。

ナフプリオからミケーネ遺跡やエピダヴロス遺跡へは両方とも約1時間のアクセス。ミケーネ遺跡は1876年、ドイツ人の考古学者シュリーマンによって発掘され、大きな歴史的発見となりました。それまで神話の世界と考えられていたことが、実際に存在したと明らかになったのです。

epi

エピダヴロスの古代劇場

エピダヴロスには医神アスクレピアスの聖地として栄えた医療施設としての遺跡があります。毎夏、紀元前4世紀建立の古代劇場ではエピダヴロス・フェスティバルが開催され、主に6~8月の間、ギリシャ古代劇が上演されます。夏の夜は世界中から古代劇を鑑賞しに来た観光客で溢れます。

他にもスパルタ教育の起源となったスパルタ、中世時代の遺跡があるミストラ、オリンピック発祥地のオリンピアなどの町があります。

近年ペロポネソス地方の高速道路整備が進み、アテネからのアクセスがかなりよくなったので、レンタカーで各地を巡る日本人旅行者も増えています。コリントス運河、ミケーネ、エピダヴロス、ナフプリオなどを巡るアテネ発着1日ツアーもあります。