「通帳レス」のメリット&デメリットを理解しておこう

「通帳レス」が自分のライフスタイルや性格などに合っているかを確認してみましょう。

「通帳レス」が自分のライフスタイルや性格などに合っているかを確認してみましょう。

前回の記事では、大手銀行4行の「通帳レス」サービスとして、三菱東京UFJ銀行の「Eco通帳」、三井住友銀行の「Web通帳」、りそな銀行の「インターネット通帳 TIMO」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト+(プラス)」について紹介しました。

「通帳レス」が気になってきた人、申し込もうか検討しはじめた人向けに、改めてメリット・デメリットをまとめました。ついついメリットだけに目がいきがちですが、デメリットについてもしっかり理解しておきましょう。

「通帳レス」のメリット

  • 銀行やATMに行って、記帳(通帳に印字)する手間がいらない
  • 紙の通帳を使わないので、環境にやさしい
  • 通帳を紛失するリスクがなくなる
  • WEB上での取引確認期間が延長されたり、金利が高めに設定されたりなどと、便利・お得になる
  • すでにネットバンキングの利用があれば、申し込みの手続きは基本的にWEB上ですぐできる
  • 銀行によっては、好みの配色やレイアウトなど、WEBの表示デザインを変更できる

「通帳レス」のデメリット

  • 閲覧可能期間を過ぎてしまうと、データを見られなくなる(銀行に再発行手続きの依頼もできるが、所定の手数料や時間がかかる場合あり)
  • データ保存やプリントアウトを自発的に行わないと、データが手元に残らない
  • 紙の通帳に戻したいときは、基本的にWEB上では行えないため、本支店に行って手続きをする必要がある
  • キャッシュカードがなくても、紙の通帳があれば、ATMで現金の預け入れができるが、通帳レスだと、預け入れの際にキャッシュカードが必要になる
つまり、「通帳レス」を選ぶと、さまざまなメリットがある半面、WEB上で定期的に確認し、自分で保管することなど、押さえるべきポイントがいくつかあるのです。

以上のメリット・デメリットを踏まえて、「通帳レス」に向いている人・向いていない人をまとめました。

「通帳レス」に向いている人

  • 通帳を持ち歩いてATMで記帳する時間がない人、面倒な人
  • WEB上で、取引のデータを確認、保存をするのが苦ではない人
  • 上記をクリアしつつ、取引のWEB上閲覧期間延長や金利優遇などを受けたい人
  • 通帳を持ち歩いて、紛失するのが怖い人

「通帳レス」に向いていない人

  • 定期的にWEB上で取引を確認し、データ保存またはプリントアウトして保存するのが面倒な人
  • WEB上で取引をめったにしない人(万が一、不正な取引があった場合に、気付くのが大幅に遅れる危険性あり)
  • 紙の通帳が手元にあったほうが安心だと感じる人
  • 親が子どもに仕送りをしていて、親が通帳で現金を預け入れ、子どもがキャッシュカードで現金を引き出しているご家庭(または、単身赴任などで、通帳とキャッシュカードを家族が別々の場所で使いたいというご家庭)
いかがでしたでしょうか? 自分がどんなタイプかを考えてから、「通帳レス」にするかどうかを決めることをオススメします。また、通帳レスにしてみて、やっぱり自分に向いていないなと思った場合は、銀行の本支店の窓口に行って、紙の通帳に戻すこともできます。その際の手続きがスムーズにいく場合がありますので、以前の紙の通帳はすべて処分してしまわず、一部は保管しておくといいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。