食中毒の原因菌や、食中毒を防ぐための基礎的なお話は、過去の記事「食中毒を予防しよう」でもご紹介していますので、そちらをお読みください。

今回は、生活のシーンの中で、「ある! ある!」というようなことが食中毒のリスクを高めることにつながること、気をつけたいポイントについてご紹介します。

お買い物の動線にも気をつけて

保冷剤,買物

暑くなってくると、お買い物に保冷剤を利用しましょう。

食中毒を防ぐために、食品業界の生産・加工、物流の衛生管理が徹底されることはもちろん必要ですが、私たち生活者にも責任はあります。特に近年の夏は日中の気温も高く、お買い物をする際には、スーパーで氷をもらう、持参の保冷剤やクーラーバッグを使うなどしたいものです。

肉や魚なと、いたみやすいものはできるだけ最後に買うように、買物の動線も気をつけましょう。仲の良い人と出会っても、もし生鮮品を買った後なら、お喋りの花を咲かせずに、できるだけ早く帰宅し冷蔵庫や冷凍庫に入れてしまいましょう。

車内の温度の高さにも注意

車内温度

車を屋外で駐車していると車内の温度が上がりますから、注意しましょう。

車でお買い物をする場合、スーパーのパーキングが屋外の時には、車内の温度が上がります。JAFの調べでは、「最高気温が23℃と比較的過ごし易い1日でも、車内温度は50℃近くまで上昇した」結果が報告されていました。

ガイドもお買い物をする時に、よくすることですが、お買い物をしてバッグに詰める時には、一番下に安定のよい形の肉や魚のパックを下に入れています。しかし熱くなったシートに座った時には、「熱い!」と思わず感じることがありますよね。そのシートに直接お買い物バッグをのせると、その熱が伝わって、品質の劣化や、食中毒の原因菌の繁殖の恐れもあるでしょう。

クーラーボックスや気密性の高いクーラーバッグなら安心でしょうが、保冷剤を使う程度なら、シートとバッグの間に厚めのタオルなど一つクッションになるものを挟むなどの工夫をした方がよいと思います。車のトランクも温度が高くなります。