夢と冒険と爆笑! クレージーキャッツ宇宙へ

■監督
古澤憲吾
■主演
クレージーキャッツ
■DVD発売元
東宝

昭和を代表するジャズバンドであり、お笑いグループであるハナ肇とクレージーキャッツ。
高い演奏力とスマートな笑いが魅力で、数々のレコードをリリースしたと共に、数多くのテレビ番組や映画に主演・出演しました。本作は1965年に上映された『大冒険』に続く特撮コメディで、東宝の特撮作品を多く担当した中野昭慶の特殊技術デビュー作でもあります。

3億円犯人の大木の前に現れたエージェントX14号ことエリ子。彼女は秘密組織GIBの手先で、大木を使って銀行から金塊3千億円分を盗み出させるよう指令を受けていたのです。大木は宇宙真丸教のご本尊のお告げで、この計画に賛同。仲間を6人集め地下トンネルを掘りだします。
盗みだした金塊を巡り、GIBと大木たちのドタバタ劇が繰り広げられ、とうとう迎える衝撃のラスト。

金塊強奪~GIBアジトへの潜入~輸送機乗っ取り~ロケットで月へ、などテンポのいい追跡劇、水爆で日本政府を脅すなどクレージー映画中最もブラックな笑い、めちゃくちゃノリのいい楽曲、など今観ても飽きさせません。また、3億円事件や人類初の月面着陸など、当時の時事ネタを絡めているのも見所。『ルパン3世』をさらにハチャメチャにしたような、ウルトラ・アポロ喜劇です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。