パリのおしゃれで美味しいジャム専門店
ラ・シャンブル・オ・コンフィチュール

シャンブル・オ・コンフィチュール

マレに小さく構える「ジャムの部屋」

シャンブル・オ・コンフィチュール

ジャムはフルーツの季節毎に分けられている

最新ブティックが並ぶマレ随一のファッション・ストリート、ヴィエイユ・ドゥ・タンプル通りにあるラ・シャンブル・オ・コンフィチュール(ジャムの部屋)は、その名の通り、ジャム専門店です。モンマルトルの麓に第一号店ができて以来たちまち人気店となり、2号店であるここマレ店は2012年6月にオープンしてちょうど1周年を迎えます。お店は大きくありませんが、壁一面に瓶がぎっしり並んでおり、その数なんと100種類以上!

 

こちらで置いてある商品はジャムの他にジュレ、ハチミツ、チョコやキャラメルのペースト、野菜のコンフィなどバリエーション豊か。フルーツを使ったジャムやジュレは季節毎に並んでいます。聞いた事のない珍しい味も多いですが、全て味見可能なのでぜひ色々試してみて下さい。商品はお店独自のレシピで委託して作ってもらったり、オーナーが気に入ったものを厳選して仕入れており、すべて手作り。防腐剤は一切入っていません。

シャンブル・オ・コンフィチュール

壁一面に並ぶジャムやハチミツは全部で100種類以上

日本にも滞在経験のある、とても親切な店員のエヴリンさんにおすすめを聞いてみました。「珍しさでいくと、ココナッツやゼラニウムのジャムがおすすめです。シードルのジャムやジュレはクレープにぴったり。フランボワーズ・シャンパーニュや、オレンジ、マンゴー、パッションフルーツが入ったオランジュ・エキゾティックも他にはない独自の味で評判です。ぜひ気軽に味見しに立ち寄って下さいね」

 

シャンブル・オ・コンフィチュール

やっぱり一番人気はフリュイ・ルージュ(赤いフルーツ)

ジャムやジュレはパンやクレープに塗ったり、紅茶やヨーグルトに混ぜたりして頂きます。もちろんそのまま食べてもOK。スイーツ系だけでなく野菜のコンフィなどはお肉やチーズと合わせると美味しいものもあるので店員さんにアドバイスしてもらいましょう。帰ってからも、何気ない食べ物がフランス料理に早変わりしちゃいますよ。

すぐ左隣にはお茶専門店ル・パレ・デ・テがあるので、合わせてお土産ショッピングするのもいいですね。HPでは全ての商品がネットショッピングで購入でき、全世界に発送可能です。パリに来るまで待てない人はこちらで。

<DATA>
Chambre aux Confitures ラ・シャンブル・オ・コンフィチュール
住所:60 rue Vieille du Temple 75003 Paris
他パリに1店鋪
電話:01 42 72 96 17
営業時間:11:00~19:30 
定休日:無休
アクセス:メトロ1号線Saint Paulより徒歩5分
ジャム1瓶200g7.5ユーロ前後
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。