勇壮に動き回るねぶたと軽快なハネトの踊りが楽しい青森ねぶた祭/青森県

青森ねぶた祭(1)/東北六魂祭2013福島より

青森ねぶた祭/勇壮に動き回るねぶたの迫力は圧巻です!(東北六魂祭2013福島より)


青森県の県庁所在地、青森市で行われる夏祭りは「青森ねぶた祭」。毎年8月2日から7日まで行われます。

青森ねぶた祭(2)/ふるさと祭り東京2012に出展したねぶた

青森ねぶた祭/様々な思いを込めて造られるねぶたのデザインにも注目したい(ふるさと祭り東京2012より)


ねぶた祭の主役である「ねぶた」は人形をかたどった灯籠を指し、大きさは台車を含めて高さ5メートル、幅9メートルにも及ぶ巨大なもの。

ねぶたは、ねぶた師の人たちが3ヶ月以上の時間をかけて、歴史上の故事や歌舞伎、浄瑠璃などから選んだ題材を元に様々な思いを込めて造られます。

青森ねぶた祭(3)/東北六魂祭2014山形より

青森ねぶた祭/大勢の人の手により動くねぶたから目が離せません!(東北六魂祭2014山形より)


お祭りでは期間内に合計22台の大型ねぶたが青森市内の運行ルートを周回。大勢の人が台車の部分に入り込んで動かしていて、ぐるりと回転するなどの動きを見せると観客から大きな歓声が上がります。

そして最終日である7日には青森港の海上をねぶたが数台運行し、最後に花火大会でフィナーレを迎えます。

青森ねぶた祭(4)/東北六魂祭2013福島より

青森ねぶた祭/ねぶたのまわりで踊るハネトの皆さん(東北六魂祭2013福島より)


ねぶた祭のもう一つの主役がお囃子の音にのって踊るハネトの皆さん。「ラッセラー」のかけ声と共に片足ずつ飛びながらねぶたの周りで踊る姿は見ている方も楽しくなります。

このハネトには、正式な衣装を来た上で参加のルールを守れば誰でも参加ができるので、お祭りの想い出に参加してみるのも良いでしょう。

 

青森ねぶた祭の詳細情報

URL :http://www.nebuta.jp/
日時:毎年8月2日~7日
場所:青森市 青森駅前の新町通りと国道4号線による周回ルート
最寄り駅:東北新幹線 新青森駅より、奥羽線の列車に乗車し、青森駅へ


東北六県の県都で行われる6つの夏祭りをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 開催期間が近接していることもあり、長いお休みを取れればすべてのお祭りを見ることも可能です。

今年の夏は気になったお祭りを選んで、実際に出かけてみましょう。そしてお祭りの良さを思う存分体感してきて下さい。

「東北の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで東北地方の名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。