高々と持ち上がる竿灯と指し手の技に見とれる秋田竿灯まつり/秋田県

秋田竿灯まつり(1)/東北六魂祭2013福島より

秋田竿灯まつり/竿灯3本が立ち上がりました(東北六魂祭2013福島より)


秋田県の県庁所在地、秋田市で行われる夏祭りは「秋田竿灯まつり」。毎年8月3日から6日まで行われます。 

秋田竿灯まつり(2)/東北六魂祭2013福島より

秋田竿灯まつり/重さ50kgの竿灯を指し手が一人で、それも額で支えています!(東北六魂祭2013福島より)


竿灯(かんとう)は、江戸時代中期から伝わる五穀豊穣を祈願するお祭り。稲穂に見立てた46個の提灯をつけた笹竹が、指し手により高々と持ち上げられる姿は迫力そのもの。国の重要無形民族文化財にも選ばれています。

竿灯まつりで披露される竿灯はおよそ250本。一番大きな「大若」と呼ばれる竿灯は高さ12メートル、重さ50kgにも及びます。

秋田竿灯まつり(3)/東北六魂祭2014山形より

秋田竿灯まつり/重さ50kgの竿灯を指し手が手のひらで支えています!(東北六魂祭2014山形より)


指し手は一人で時には片手や頭、肩、腰の1点で支えてバランスを整えながら竿灯を操っていきます。その所作は見るものを惹きつけ、動く度に大きな歓声と拍手がわき起こります。 

秋田竿灯まつり(4)/東北六魂祭2013福島より

秋田竿灯まつり/竿灯を引き上げる時に打ち鳴らされる太鼓の音も独特です(東北六魂祭2013福島より)


4日から6日の日中に行われる「昼竿灯」で、指し手の素晴らしい技を見るのも良いのですが、その美しさが発揮されるのはなんといってもすべての日程で夜に行われる「夜竿灯」。

すべての提灯に灯りを点した竿灯は、まさに夜空に光輝くかのように見えます。それぞれの竿灯で提灯に描かれたバリエーション豊かな模様にも注目ですね。

 

秋田竿灯まつりの詳細情報

URL :http://www.kantou.gr.jp/
日時:毎年8月3日~6日
場所:秋田市 二丁目橋から山王十字路までの竿灯大通り
最寄り駅:秋田新幹線 秋田駅