制限なしの無料Wi-Fiがあちこちに
カナダの無料Wi-Fi

カフェでネットは、日常の風景 (C) Cinderella's Using WiFi by CarbonNYC

カフェでネットは、日常の風景 (C) Cinderella's Using WiFi by CarbonNYC

海外旅行中でもネット接続ができれば、便利ですよね。携帯はスマホという人も多いでしょうし、タブレットやノートPC持参の方もいるでしょう。カナダでは、あらゆる場所で無料Wi-Fiが使えるので、ネット接続は問題なし。ほとんどの場合、制限なしでネット接続が可能なのも魅力的です。

そんな、カナダでの無料Wi-Fiの使い方、ネット接続が可能な場所をご紹介します。

無料なので、セキュリティーは甘い

カナダに限ったことではありませんが、無料のWi-Fi接続は不特定多数がアクセスできるもの。自宅や会社などの回線に比べ、当然セキュリティー面での不安は否めません。空港やホテル、大手のカフェなどの回線は比較的強固なセキュリティー対策が施されていますが、それでも、利用に当たっては、以下の点に注意しましょう。
  • 住所や名前、クレジットカード情報などの個人情報を入力しない。
  • ネットバンキングやネットショッピングはしない。
  • GoogleやFacebookアカウントなどにパスワード入力の際は、他人から見えないようにする。
通常のウェブ閲覧、メールチェック、SNSでの書き込みや写真のアップロードなど、基本的な使い方にとどめておくのが無難です。

無料Wi-Fiへの接続方法

Starbucks WIFIのように、ネットワーク名はひと目でわかるような場合がほとんど (C) Blue Works

Starbucks WIFIのように、ネットワーク名はひと目でわかるような場合がほとんど (C) Blue Works

無料Wi-Fiにも、パスワードが必要な場合と、そうでない場合がありますが、いずれの場合でも、まず、自分の持っている機器でネットワークを検索し、そのアクセスポイントに接続しなくてはいけません。

空港や大手ファーストフード店、メジャーなカフェなどでは、パスワードは不要ですが、まずブラウザを立ち上げて、ネットワーク使用条件などがサイトを表示し、それに対し、“I agree”(=許諾します)をクリックする必要があります。それを許諾した上で、初めてアクセス可能になります。

小さなカフェなどでは、自分のお店のお客さんだけへのアクセス権を与えるため、パスワードを入力しないと、接続できません。お店の人に“Wi-Fi password, please”などと聞いてみましょう。親切なお店ならネットワーク名とパスワードを紙に書いてくれます。

また、日本の各携帯電話会社が用意しているWi-Fiアクセスと同じようなもので、ケーブルテレビ加入者のように、顧客だけを対象にしたWi-Fiアクセスポイントもあります。これは旅行者にとっては全く使えませんので、ご注意を。