「水の郷百選」に選ばれた湧き水を利用してそうめん流し

 

 

全国的には、「流しそうめん」と言えば、太い竹を半分に割って節を取り除き、流水でそうめんを流して食べるスタイルが一般的ですよね。
唐船峡では、「流しそうめん」ではなく「そうめん流し」と言って、円卓の中央に水槽があって、底のノズルから水を勢い良く出すことで水流を発生させ、その中にそうめんを入れ、グルグル回転するそうめんを箸ですくって食べるスタイルになっています。
左利きの方とも一緒に楽しめる逆流する台のほか、二人用もあります。
指宿は、回転式そうめん流し発祥の地で、いまでは全国から年間約20万人の利用客が訪れているそうです。

「水の郷百選」に選ばれた、清涼で豊富な湧き水を利用して、年間を通じてそうめん流しが楽しめます。

場所は、指宿の山の上。
かと思えば、長い階段を下りて行き、渓谷のような場所にあります。
なんと、指宿市の市営のそうめん屋さんだと言うから、驚きです。

肝心のそうめんは、のどごしツルツル。
鹿児島らしい甘めのつゆが絶妙です。
唐船峡の涼しげな雰囲気がそうめんの味を引き立て、みんなでワイワイ言いながら、美味しい素麺を食べられるのは幸せな限りです。

そうめん流し文化のない人には、ワクワクさせるお店。
鹿児島に訪れる時は、是非一度体験してみて下さいね。

※鹿児島県観光連盟様から使用許諾を得た写真を投稿しています

■唐船峡そうめん流し
住所:〒891-0603 鹿児島県指宿市開聞十町5967番地
電話番号:0993-32-2143  
営業時間:月によって異なる
定休日:無休
アクセス:JR指宿駅から鹿児島交通バス開聞駅・東大川行き 唐船峡下車
HP:youkoso-ibusuki.com/top/modules/pico/index.php

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。