全線160円均一も嬉しい! 軌道緑化した鹿児島市電

 

 

九州新幹線を降りて鹿児島中央駅を降りると駅前にカラフルな路面電車が止まっています。しかも軌道がきれいに芝生で緑化されています。この緑化にはけっこう苦労したようで、ご存じの通り、鹿児島には桜島があります。よく噴火して鹿児島市内には火山灰が積もります。鹿児島市では一般家庭に克灰袋が配られ、降灰指定置場(鹿児島市内に約6,200箇所)に置いておくと回収してくれます。

火山噴出物から出来上がったのがシラス台地。肥料を与えても、雨に降られると肥料が流れてしまい農作物がだめになってしまう土地です。このシラスをコンクリートブロック化して芝を植え付けることで緑化しました。2012年には軌道緑化が8.9kmになり路線の長さが13.1kmありますので、70%近くが緑化されることになります。芝生を維持管理するための世界初となる「芝刈り電車」まで導入されています。

※鹿児島市交通局 芝刈電車
http://youtu.be/t-XWw32K3ZA

路面電電車は低床車両になっていて、いわゆるライトレール(LRT)。路線は2系統あり、鹿児島中央駅前を通っているのは1系統で繁華街の天文館や鹿児島駅を結んでいます。全線160円均一というのがいいですねえ。

■軌道緑化した鹿児島市電
1系統 鹿児島駅前-郡元(鹿児島中央駅経由)
2系統 鹿児島駅前-谷山
鹿児島市交通局:http://www.kotsu-city-kagoshima.jp/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。