鹿児島県の絶景も一望できる縄文の森

 

 

鹿児島県上野原縄文の森は霧島市にある施設で、JR国分駅から車で約20分の所にあります。
国内最古・最大級の集落遺跡である上野原遺跡の出土品の展示紹介をはじめ、広大な落葉樹と照葉樹の森、縄文のむらの復元、縄文時代を体感できるシアター、火おこしや土器づくり体験など縄文時代へタイムスリップできる施設です。

広大な敷地内には、7500年前と9500年前の森を再現したエリアに分かれており、それぞれ体験エリアと見学エリアとなっています。

体験エリアは、「縄文の森展示館」と歩道橋でつながれた「県立埋蔵文化財センター」を中心に、古代家屋群、体験学習館、アスレチックなどが照葉樹の森の中にあります。

体験学習館では火おこし、土器作り、アクセサリー作り、縄文料理などの体験メニューがあり、縄文時代の人々の暮らしや文化を体験することができます。
特に火起こしは無料で体験でき、子供たちは大喜びでした。
また、弓矢作りや勾玉作りも格安(数百円)で体験できます。
作った弓矢で遊べるようなスペースもありますので、縄文人になった気分で遊ぶことが出来ます。
他にも、古代編み物・どんぐりアート・平織コースター作りなど、楽しい体験が色々とあるので、是非子供つれで行くことをお勧めします。勉強になりますよ!

一番高い場所にある「展望の丘」からは縄文の森全体が見渡せ、さらに南側には錦江湾と桜島、北側には霧島連山が一望できる大パノラマが楽しめます。
上野原縄文の森で、ゆっくりと1日を過ごしませんか?

※鹿児島県観光連盟様から使用許諾を得た写真を投稿しています

■上野原縄文の森

住所:霧島市国分上野原縄文の森1番1号
電話番号:0995-48-5701  
入館料:大人300円 高・大学生210円 小・中学生150円
展示館:9:00~17:00
体験学習館:9:00~16:30(ただし受付は16:00まで)
休園日:火曜
アクセス:www.jomon-no-mori.jp/acs.htm
HP:www.jomon-no-mori.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。