賃貸マンション・アパート経営で重要なことは、いかに初期コストを低く抑え、優良な建築物を用意できるか?と言う点につきます。
リプラス・レジデンシャル
賃貸マンション・アパート経営で重要なことは・・・?


ただ、安易にその要件を満たそうとすれば、多くのケースで「安かろう・悪かろう」の建築物となってしまうことは避けられません。

たとえば、直接家賃に反映しないと思われがちな外構デザインなどは初期コストを抑えるため、ついおろそかになりがちです。ただ、外構デザインは投資不動産のイメージ戦略としてはとても重要で、良い意味でイメージを一新させ、同時より一層コンセプトを際立たせる効果を与えます。
入居者の第一印象は、建物の外観とそれを取り巻く環境(外構デザイン)に他なりませんから、これをおろそかにする事は入居者をみすみす失うことにも繋がります。また、外構デザインは年数を経ても高い入居率を維持できる有効な手段である事も忘れてはならない事実です。

さらに、住宅メーカーの営業マンが「オーナーさんが住むわけでないからこの程度で・・・」という話もよく耳にします。オーナー自身が住みたいと思わないような、魅力を感じない物件に一体誰が住むのでしょうか?こういう言葉を鵜呑みにして建てた物件は結局のところ競争力も無く、空室予備軍となることは目に見えています。オーナーさえも住みたいと思うような物件でなければ、賃貸マンション・アパート経営では優位性を保つ事など出来ません。

つまり、賃貸マンション・アパート経営は常に、「初期コストの抑制」と「優良な物件の提供」というジレンマを抱えていることになるのです。

しかし近年、そのジレンマを解消してくれるかもしれない、新たなソリューションが注目を集めています。

それが「コンテナハウス」です。

「コンテナハウス」とは??>>