自然光と人工光の対比が美しい

国立新美術館

曲線を描くファサードが特徴的な国立新美術館

六本木は、ご紹介する国立新美術館、六本木ヒルズの森美術館、東京ミッドタウンのサントリー美術館、21_21DESIGN SIGHTなど、新しいアート拠点として、各美術館が連携するイベントなども行われています。

国立新美術館は、コレクションを所蔵しない新しいタイプの美術館で、国内最大の展示スペースを持ち、企画展や公募展など様々なジャンルの展覧会を行っています。
光と影のパターン

光と影のパターンが広がる

建築は黒川紀章氏が設計した、外壁が曲線を描く特徴的な形状です。昼間は、フレームとガラスで構成された外壁から自然光が注ぎ込み、明るく開放的です。特に天気の良い日は、幾何学的な光と影のパターンが床や壁面に映り、模様のようにきれいに広がります。室内の壁面は、床と同じ色味の木製の縦ルーバーで覆われており、温かみがあります。
国立新美術館夜景

夜は奥の壁面が光り、浮かび上がって見える

夜になると、ルーバーの奥の乳白面が光壁となり、建物全体が光のオブジェのようです。建物内部からは、縦ルーバーや来場者がシルエットとなって見えます。背景の暖かい色の光に対して、円錐形のエントランスは、白色の光で、明るく照明しています。光の色の違いを表す用語に色温度(ケルビン:K)がありますが、色温度を変えることでコントラストが生まれ、円錐形が強調されて見えます。
国立新美術館夜景

ルーバーとベンチに座る人がシルエットになって見える


次のページでは、円錐形のデザインと食事や買い物を楽しめるスペースについてご紹介しています。