羽田からドバイへ! 2013年デイリー直行便が就航 

pressconf

都内で行われた記者発表会にて

B777

羽田線使用機種 B777

ドバイをハブに、77か国134都市に就航する(内13都市は貨物専用路線)エミレーツ航空は、2013年6月4日、羽田-ドバイ直行便を就航させました。羽田からの深夜出発便は、都心で勤務する利用者にとって、早退せずに『会社帰りにそのままドバイ』を実現してくれる嬉しいフライトスケジュールとなっています。また、現地発着時間が魅力的なのにも注目です。

 

ice

エミレーツ航空の機内エンターテイメントシステムICE

総座席数266席のB777-LRはプライベートな個室タイプのファーストクラスが8席、リクライニングシートがフルフラットベッドになるビジネスクラスが42席、心地の良い洗練された空間が楽しめるエコノミークラス216席のコンフィギュレーションとなっています。

エミレーツの機内エンターテイメントシステムICEでは、日本をはじめ世界中の最新エンターテイメントが楽しめます。映画、音楽、テレビ、ラジオ、ゲーム等を含むチャンネル数は、なんと1500チャンネル以上! 長時間のフライトでさらなる楽しみが増えそうです。

【ドバイ‐羽田間 直行便 デイリーフライト】
  • EK313便 羽田発  深夜1:30→ドバイ着 午前7:05
  • EK312便 ドバイ発  午前9:35→羽田着 翌日の深夜24:01
使用機種:ボーイング777‐200LR (利用客状況によって機種変更の可能性あり)

 

ドバイ乗継でヨーロッパ、アフリカへ

image

B777 機内サービス イメージ
©エミレーツ航空会社

4日に都内のホテルで行われた記者説明会にて、エミレーツ航空会社 パッセンジャー・セールス・ワールドワイド ティアリー・アンティノリ執行副社長は『ドバイへの旅行はもちろんのこと、ヨーロッパへの乗り継ぎだけでなく、アフリカ20都市への便利な乗り継ぎ、ハネムーナーに人気のモルジブやモーリシャスなどへの快適な旅行もエミレーツで実現可能』とアピール。

■ドバイからの乗り継ぎ一例
  • パリへ……8:20 EK0073便でドバイ発→13:30パリ着
  • セイシェルへ……8:40  EK707便でドバイ発→13:20セイシェル着
ドバイ経由でパリに行く場合も、これまでは早朝5時台にドバイに到着し、8時20分のパリ行きを待つ必要がありましたが、羽田発の便が7時5分に到着することで、待ち時間を大幅に減らすことができるようになりました。

ビジネス&ファーストクラスで、
羽田空港からの無料送迎サービススタート

更に、羽田便でファーストクラスとビジネスクラスを利用する旅行客に嬉しい特典が。ドバイ現地では基本パッケージとなっている、ファースト・ビジネスクラスを利用する乗客への無料送迎サービスが、羽田線限定でスタート。東京23区をはじめ埼玉と千葉の一部のエリアと空港間のプライベート送迎でより一層ドバイへの旅行が特別なものに(旅行の24時間前までに送迎サービスの予約は完了させてください)。

世界中からビジネス・観光デスティネーションとして、リミットを感じさせないドバイとともにエミレーツ航空も更なる進化で旅行客に楽しみを与えてくれることでしょう!

ドバイのについて基本情報はコチラ>>> ドバイ 基本情報 日本からのアクセス
エミレーツ航空関連記事はコチラ>>>エミレーツ航空 成田‐ドバイ直行便就航
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。