2019年 決定版! ドバイのおすすめお土産

vivel

味よし、パッケージよしの女子からの高い支持率を得るVIVEL


海外旅行の楽しみでもあり悩みどころでもあるお土産探し。せっかくの貴重な観光時間をお土産探しに振り回されないためには、ある程度の情報を事前に収集しておくと便利です。ハワイと言えばマカダミアナッツに相当するドバイの定番土産から、ガイドこだわりのお土産までご紹介していきます。オールアバウトで2007年からドバイをご紹介し続けておりますが、11年以上変わらぬ人気なモノから新たなお土産までを一挙ご紹介します。
 
 

ドバイ土産の代名詞デーツ&安定の人気を誇るチョコレート

デーツ人気ナンバーワンブランドバティールのデーツ
人気ナンバーワンブランド! バティールのデーツ
ドバイ土産の定番と言えば、何といってもデーツ(なつめやしの実)でしょう。見た目はちょっとグロテスクですが、その濃厚な天然の甘みは一度食べたら忘れられない美味しさです。干し柿のような食感と甘さが、日本人には馴染みやすい味と好評。ここでは、お手頃価格のデーツから、王室御用達デーツまでをご紹介します。

「※スーパーで購入可能」と表記されているものは、カルフール、スピニーズ、チョイスラムなどのほとんどのスーパーで購入できます。
 

1. 人気ナンバーワンブランド、バティールのデーツ
 

バティール

王室御用達、高級デーツが量り売りで買えるバティールのデーツ

デーツと一口に言っても味も値段もピンからキリまで多種多様。そんな中でも最高級と言われているのが、サウジアラビアに本店を持つバティールブランドのもの。ここのデーツは、アラブ諸国の王室御用達で、しかもエミレーツのファーストクラスでも出されています。バティールの中にも種類がありますが、スタンダードなものだと500円程度で大粒のデーツが5~10粒くらい買えます。追加料金で、お土産用にお洒落な箱に詰めてくれますよ。
 

2. レバノン発 ドバイのチョコレートと言えばPATCH(パッチ

patch

ドバイ土産の定番、PATCHのチョコレート

11歳の少年がチョコレートの持つ魅力の虜となり、「チョコレートには人々を幸せにする力がある」という信念を持ち続け、その情熱を実現させたのがレバノン発祥のチョコレートブランド「パッチ」。今や世界中から愛されドバイ土産の定番スイーツとなっています。一粒チョコレートとしては、なめらかなチョコとキャラメルクランチが口の中でとろけるミルクチョコレート、焙煎したナッツやピスタチオが練り込まれたミルクチョコレート、クリームチョコと風味の強いオレンジピールを包み込んだビターチョコレートなど27種類から選ぶことができます。

チョコバーにも9つのラインナップがあり、ミルク、ダーク、ホワイトチョコに、様々なナッツ類が練り込まれた商品があります。また、チョコボールも9種類あり、テイストだけでなく、見た目がカラフルな商品も揃っているので、選ぶ楽しみが増えること間違いなし!パッチのブティックは、ドバイだけでもドバイモールやモール・オブ・ジ・エミレーツなど主要ショッピングモールや空港にもあり、ほとんどのお店で試食も可能!気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか?

また店内には、銀のプレートに、紙で上げ底の山を作り、その山の表面にチョコレートを敷き詰めゴージャスに見せるギフト商品も数多く陳列されており、目にも鮮やかで楽めますよ。

 

3. 女子の高い支持率なら!VIVEL(ヴィベル)

vivel

味よし、パッケージよしのVIVEL

VIVELは、1992年に初めてドバイにオープンしたパティセリーで、ドバイモール、ドバイ・マリーナ・モールをはじめ、ドバイで見つけやすいブランドのひとつ。20 年以上の歴史を通じ、湾岸諸国からプレミアムブランドとして知れ渡るだけでなく、このスイーツを求めて、ロシア、CIS諸国、中国からだけでなく、日本からも多くの観光客が訪れるスイーツ店となっています。

店舗には300種類を超えるスイーツが並び、どれもユニークで最高品質の食材を使用しパティシエによって作り上げられています。異国情緒あふれる独特の風味は、ペルシャや中東、そしてヨーロッパの影響を感じさせてくれます。クッキー、キャラメル、フルーツゼリー、マカロン、マロングラッセ、キャンディー、ドライフルーツなど、目にも鮮やかでデザインも可愛く、お土産選びが楽しくなること間違いなし!現地では、お祝いの際に食器などと一緒にプレゼントすることも。

 

4. ラクダのミルクチョコレート アル・ナスマ(AL NASSMA)

alnassma

鉄分やミネラルが豊富な健康食品としても注目されるラクダミルクを使ったチョコレート AL NASSMA


2008年にドバイの首長シェイクモハメッド殿下の肝いりで誕生したチョコレートブランド、『アル・ナスマ』。当時少なかったドバイ発のお土産を作ろうと立ち上げられたたチョコレートブランドです。実際に西田がドバイの工場に伺って、開発ご担当者に実際に取材をした際にお話を伺いました。

他との差別化を図るため、開発から商品化まで実に2年の歳月を要し、UAEのラクダから採取したミルクを使用した世界ではじめてのらくだミルクチョコレート! アラブのスパイス、デーツ、マカダミアナッツ、オレンジ、ホールミルク、カカオ70%ビターミルクチョコレートなど色々なフレーバーが楽しめる板チョコタイプ(1枚30ディルハム/900円程度)のものから、贈答用として、木箱梱包にラクダの形をしたチョコレートが18個入ったものなど種類も豊富。

らくだのミルクは、牛乳に比べ、ビタミンCが3~5倍、脂肪分も半分以下ということもあり、高タンパク、鉄分、ミネラルも豊富で低脂肪飲料として、世界中のヘルシーコンシャスな人々から注目を集めています。パッケージやロゴにもラクダがあしらわれているので、ドバイらしいお土産として今後益々人気が高まってきそうです。最近では日本のペットショップでもワンちゃん用のらくだミルクのパウダーが販売されていますね!
 

5. スーパーで買えるお気軽チョコデーツ
 

 
tamrah

チョコレートのつやつやコーティングの口当たりが別格!
Tamrahのデーツチョコ 
©Tamrah

 
NOBU
NOBU
(写真上:ラ・ロンダ エミレーツのチョコデーツ/下:ナディアの箱入りデーツ
スーパーでもお土産にぴったりなデーツを、たくさん見つけることができます。私がお土産に購入しているのがラ・ロンダ エミレーツのアーモンド入りチョコデーツ。チョコでコーティングされたデーツとアーモンドのコンビネーションが大変美味。値段は7~50ディルハム(約210~1500円)。

他には、ナディア社の箱入りデーツは、30ディルハム前後(約900円)。きれいな箱に入っていてお手軽価格なので、会社へのお土産として重宝します。最近人気急上昇しているのがタムラ社のつやつやコーティングと口触りが口の肥えた日本人にも大人気のチョコデーツです。先の2社と変わらないお手頃価格!

※スーパーで購入可能

 

6. デーツ・イチジククッキー

甘~く可愛いレバノンの焼き菓子<br>
ハルワニ・ブロス社のデーツとイチジクのクッキー
デーツを使ったお菓子も、もちろん人気のお土産。こちらは、デーツやいちじくのペーストが入ったクッキー。クッキーの中に細かく砕いたデーツとイチジクが入っていて、お茶うけにピッタリ! 値段は、写真奥のスティックタイプと手前のボール型、共に7~10ディルハム(約210~300円)。全て個別包装されているので、配りやすいのも嬉しいですね。

※スーパーで購入可能
 

7. デーツ関連の加工食品

デーツ
セイロンティーとドライデーツがベストマッチしたデーツティー
デーツそのものもお土産として人気なのですが、デーツ・ビネガーやデーツ・ジャムなどお菓子以外にもデーツを加工した商品も多い。その中でも軽くてお土産に喜ばれるのが、デーツティーやミントティー。デーツティーはセイロン茶葉にドライデーツが入ったもので、甘い香りがティーカップの中で広がります。スーパーやショッピングモールなど、いたるところでバラエティーに富んだお茶を見つけることが出来るでしょう。日本では流通していない珍しいお茶もあるので、是非色々と挑戦してみてください。