ドイツを代表する人気コンディトライ

heinemann1

季節ごとに変わる賑やかなショウウィンドウも楽しみな「ハイネマン」。カフェでは食事もできます

bag2

街でこのバッグを持ってる人の多いこと!

ドイツ西部、ライン川沿いの街デュッセルドルフの中心にある並木道「ケーニヒスアレー(通称ケー)」は、ブランドショップやカフェが並ぶ高級ショッピングストリート。ケーを歩いていると、多くの人が鮮やかなグリーンのショッピングバッグを手にしている姿を目にします。これが、デュッセルドルフを、いや、ドイツを代表するコンディトライ(お菓子屋さん)「ハイネマン(Heinemann)」のバッグです。

1932年、隣町メンヒェングラットバッハの小さなお菓子屋さんから始まったハイネマンは、いまやドイツのみならず、世界中のグルメが絶賛するほどの人気店になりました。これだけ有名になった今でも、新鮮な材料で手作りの商品を提供するため、支店は品質管理の行き届く近郊のみ(※)、というこだわりの店です(※ミュンヘンでは一部商品のみ取り扱いあり) 。

 

日本人に人気ナンバーワンのバウムクーヘン

heinemannbaum

(右)いろんなサイズが揃うバウムクーヘン (左)看板商品のシャンパントリュフ

mini

チョコ部分が多いミニバウムも美味しい!

デュッセルドルフには日系企業が多く、ヨーロッパ随一の日本人街があります。現地の日本人の間で圧倒的人気のお土産は、なんといってもバウムクーヘン(写真の2段タイプのもので15ユーロくらい)。しっとりとした生地に、チョコレートコーティング、さらにチョコレートのプレートで蓋をしたバウムクーヘンは、ずっしりと存在感たっぷり。とても口どけが良く、ほのかにアルコールがきいていてリッチな味わいです。食べる時は、まずプレートを外し、薄くスライスしてどうぞ。一口サイズのバウムクーヘンも食べやすくておすすめですが、ついつい食べ過ぎてしまうので自制心が必要です(笑)。

ハイネマンを代表するもう一つのスペシャリテが、「シャンパントリュフ」。ハイネマンといえばシャンパントリュフ、シャンパントリュフといえばハイネマン、というくらい有名な商品で、日本でもチョコレートの賞を受賞したことがあるほどの逸品です。豊かな香りのシャンパンクリームと、なめらかなガナッシュのハーモニーがすばらしく、一度食べたら忘れられない美味しさです。

店内にはそのほかにも、種類豊富なケーキにチョコレート、クッキー、パン、ジャム、アイスなど美味しそうな商品があふれんばかり。どれもが良い材料を使って手作りされているので、何を食べても本当に美味しい!パッケージも素敵なので、お土産にすると喜ばれること間違いなしですよ。

<関連記事>
ドイツのバウムクーヘン
デュッセルドルフのお土産・ショッピング

<DATA>
Konditrei Heinemann
住所:Martin-Luther-Platz 32 (Vereinsbank-Passage内)
TEL:0211-132535
営業時間:月~金曜 9:00~19:00 土曜 9:00~18:30日曜 10:00~18:00
アクセス:UバーンのSteinstr./Königsallee駅から徒歩1分
※デュッセルドルフ市内と近郊に支店あり
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。