バスターミナル、塾に不動産会社、
静かな雰囲気の東口

東口駅前

駅東口を出たところ。広いロータリーがあり、その周りでは音楽を演奏する人も。野菜を売る屋台が出ていたのが印象的(クリックで拡大)

まずは東口側から。1983年になって開設されたため、商店街、商業施設が集まる西口に比べると静かな雰囲気で、駅の前には広々としたロータリーが広がっています。西口側にり、西武鉄道の本社ビルがあり、スポーツクラブなども。西口側は渋滞もあるため、関西方面、成田、羽田空港への高速バス、大半の路線バスは東口のロータリーから発着します。駅のすぐ脇には大きな駐車場、ちょっと道を入ると茶畑などもあり、それほど開発は進んでいません。

 

 
東口駅前の通り

不動産会社や予備校、塾の並ぶ東口駅前の通り。西口側にも予備校などはあるが、集中度は東口側(クリックで拡大)

一方で目についたのは予備校、塾に不動産会社。駅前の通り沿いには複数の不動産会社が並び、所沢で住まい探しをするなら、まずこのエリアを訪れるのが効率的かもしれません。

 

商店街が続き、
タワーマンションも多い西口

東口西武のある側

西口側。写真左手が駅、正面に見えているのが西武所沢。地下には広い食品売り場がある(クリックで拡大)

西口側は駅を降りて左手にロータリーを囲むように西武百貨店があり、右手にはゲートのあるプロペ通りが。細い通り沿いには飲食店、物販店が100店以上も軒を連ね、この間の約300mは所沢で最も賑わう場所です。個人的に残念なのは、繁華街ならではの宿命かもしれませんが、チェーン店など全国的にある店が多く、地元の個人商店が少ない点。以前はもっと地元店が多かった気がしますが、個人店の生き残りはどこでも難しいようです。

 

プロペ通りから見たタワー

細い通りの両側にびっしり店舗が並ぶプロペ通り。半ばくらいまで行くとマンション群が見えてくる(クリックで拡大)

プロペ通りを抜けたところから続くのがファルマン通り。プロペ通りの正面にはダイエーがあり、ここも人、車で賑わっています。プロペ通りからファルマン通り、さらに所沢銀座通りへは坂を下りますが、所沢銀座通りの手前から見えてくるのがタワーマンション。前述したように25階建てだけでも6棟というタワー銀座なのです。

 

盃横丁

銀座通りにある盃横丁の入り口。細い路地に店舗が並び、周辺にも飲食店が集まる。邦画の映画看板があちこちに掲げられ、レトロな雰囲気を醸し出す(クリックで拡大)

所沢銀座通りは古くから栄えたエリアで、蔵造の建物、古い日本家屋などがタワー、マンションと混在、不思議な雰囲気があります。また、通りからはかつてそこにあった店舗名を取ったであろう海老屋横丁、山田屋横丁、鍋屋横丁などといった路地が伸びています。そうした横丁の中でも、名所となっているのが盃横丁。50年を超す歴史があるという飲み屋さんの集まった横丁で、個人経営の店ばかりが25軒ほど集まっています。周辺の店も加えると、かなりの数になり、風情もあります。

 

所沢ハーティア

建物の前に広場が設けられ、子ども達の遊び場となっていた所沢ハーティア。ここまでが繁華なエリア(クリックで拡大)

銀座通り沿いには再開発で誕生した所沢ハーティアという区画もあり、ここには広い広場に図書館、公民館なども。子ども達の遊び場、祭りの広場ともなっています。

 

金山町

金山町の商店街には銀座通りにも負けず、古い建物が残り、個人的には好きな雰囲気。ただし、繁華とは言い難く、通り沿いには住宅も増えている(クリックで拡大)

銀座通りのさらに先にも、ところどころ途切れてはいるもののアーケードのある商店街が続きますが、賑わいは所沢ハーティア辺りまで。商店街と呼ぶにはいささか寂しい感じがします。

 
武蔵野うどん

武蔵野うどんは地粉を使った、ごりごりした味わいを楽しむもので、野菜、肉などの入ったつけ汁につけていただく(クリックで拡大)

駅の東西を問わず、所沢で目についたものといえば、名産である狭山茶を売る茶舗のほか、焼き団子、武蔵野うどん、そして街道沿いだからでしょうか、靴屋さん。米屋さんも数がありました。また、うどん好きを反映してか、地元の武蔵野うどんだけでなく、讃岐うどん店も多かったのには笑いました。

 

さて、最後は西武池袋線、西武新宿線所沢駅周辺の住宅事情を見て行きましょう。