8

毎日の積み重ねが大切。


 

リンパの流れを正常化させるだけで、むくみが取れて本来の顔・本来の位置に戻ります。

まずはマッサージを毎日行う習慣を付けて、黄金比率の顔立ちを目指すこと。これを毎日の習慣にしましょう!

マッサージを行う際、使用するのは主に中指。力が入り過ぎるのを防ぐため、人差し指や親指は避けましょう。爪を立てず、指の腹でそっと押さえるようにして行うのがコツです。


小顔マッサージ

マッサージ手順2

 

(1)あご先から耳下腺、口角から耳の中央、小鼻からこめかみへと、3つのラインを順番に、螺旋を描くようにマッサージします。これを3セット行いましょう。

 
マッサージ手順1

 

(2)額の中央から左右のこめかみに向かって、螺旋を描くようにすべらせ、最後にこめかみを3秒間ぐーっと指圧します。

 
(3)仕上げに冷水でパッティングすれば、引き締まった小顔の完成。

手のひらをぎゅっと頬に押し当ててみてください。手の跡がつけば、リンパの流れが良くなった証拠です。

※ポイント
肌に摩擦を与えてしまうと、肌にダメージを与えてしまい、小ジワの原因になることも。マッサージを行う際は、オイルやクリームをたっぷり使い、すべりをよくしましょう。マッサージは毎日の習慣にすることが大切です。洗顔後に必ず行うクセを付けると良いでしょう。

自分至上最高の美人顔へ!

黄金比率の顔立ちへ近づくために、様々な方法があります。特に、すぐに実行できるメイクやヘアアレンジは女性の特権! もちろん男性でも、眉毛やヘアスタイルを変えることで、随分と印象を変えることができます。

“顔立ちそのものを変える”というと美容整形でもしない限り難しいように感じてしまいますが、比率に応じてプラス・マイナスを加えていくことで、理想に近づくことができます。まずは自分の顔を知り、どこがどう足りないか・どうしたいかを分析してください。そうすることで、“誰の真似でもない自分自身が美しく見える顔”のイメージが見えてくるはずです。

自分がコンプレックスと感じていた部位も、違う角度から見れば「気にしている=目立つ=個性がある」とも考えられます。全体の顔のバランスを考えると、意外と良い働きをするケースもよくありますので、悲観的にならずに、是非個性を生かす方法を探してみてください。

比率を意識して、自分至上最高の美人顔を目指してくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。