奥様運び選手権を観戦/大会に出場するには?

表彰式

選手権は観戦だけでも十分楽しめるし、出場すればなお忘れられない思い出にもなるはず!

奥様運び選手権を鑑賞したければ、特に前売りチケットを予約しておく必要はなく、当日会場に赴きエントランスゲートで1日入場券を購入すればOK(2013年は、1日目の入場券が15ユーロ、2日目の入場券が25ユーロ、12歳以下は5ユーロ)。会場内のマーケットスペースは入場無料です。

出場を希望する場合、公式ウェブサイトのウェブフォームからエントリーをし、大会事務所からの指示にしたがいます。例年特に参加カップル数の上限や予選などはなく、比較的直前までエントリーを受け付けていますが、エントリーはできるだけお早めに。出場までに、1カップルにつき50ユーロ(団体戦は111ユーロ/いずれも2013年度の価格)を参加費として支払います。ちなみに40歳以上のカップルは、シニア戦への参加となります。

ソンカヤルヴィの会場へのアクセスと滞在情報

会場

小さな町の中心に特設された、森に囲まれているのどかな会場

奥様運び世界選手権の会場地となる街ソンカヤルヴィは、鉄道駅などを持たない小さな街でホテルなども限られているので、フィンランド中部の中都市イーサルミ(Iisalmi)を拠点とするのがベター。平日にはイーサルミとソンカヤルヴィの間にバスが運行しているものの、例年大会2日目(週末)にはバスの便がないので、その際はタクシーで約20分。

会場に近い滞在先の候補地については、公式ウェブサイトのAccomodation情報をご確認ください。ホテルだけでなく、ゲストハウスやレンタルコテージも地方都市滞在ならではの候補先です。

<DATA>
■Eukonkannon MM-kisat(奥様運び世界選手権)公式ウェブサイト
2013年度は、7月5~6日に開催予定
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。