函館湯の川温泉とは

平成館 海羊亭の露天風呂

海沿いに温泉ホテルが立ち並び、風光明媚な湯の川温泉。平成館 海羊亭の露天風呂では濁り湯が楽しめる

湯の川温泉は、北海道の函館市にある大温泉地です。函館には谷地頭から湯の川まで市電が走っていますが、谷地頭には谷地頭温泉があり、湯の川には湯の川温泉があり、その間にもラビスタ函館ベイやホテルルートイングランティア函館駅前などの温泉付きホテルが多数あり、市内全域が温泉の町と行っても過言では無いのです。

まさに湯の町函館という感じですが、中でも湯の川温泉には温泉ホテルが多数立ち並び、最大の温泉街になっています。しかも、函館空港も至近距離にあり、日本一空港に近い温泉地なので交通も至便。よって北海道の観光コースにも組み込まれる事が多く、多くのツアーが宿泊地に指定している、北海道南部(道南)の最大の温泉地なのです。

湯の川温泉は島根県にもあり、近年区別の為に函館を付けて紹介される事も多いので、ここでは函館湯の川温泉として紹介します。

函館湯の川温泉の源泉・泉質

湯元漁火館の内湯

函館湯の川温泉では珍しい、鉄分含有の濁り湯に浸かれる湯元漁火館の内湯

函館湯の川温泉には源泉が多数ありますが、泉質的には良好で濃厚な塩化土類泉です。基本的には無色透明で、塩化物泉特有の磯の香りがかすかにする湯ですが、一部では鉄分が含有して褐色の濁り湯が楽しめる施設もあります。

付近の温泉宿はもちろん、街中の銭湯まで温泉で、豊富な湯量を物語ります。近年、市電「湯の川温泉電停前」に無料の足湯「湯巡り舞台」も出来ました。

次ページで、函館湯の川温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。