ニキビ痕になってしまった時の対処法

「赤み」
もっとも軽いニキビ痕と言えます。通常数週間~数ヶ月程で自然に改善します。強い赤みの場合には、弱いステロイド剤を外用したり、ビタミンCを外用するとより改善が早まります。

そして特に問題になるのは残りの3タイプ、「色素沈着」「クレーター」「しこり」です。それぞれについて、対処法をご説明いたします。

「色素沈着」 
沈着したメラニンを、外に排泄するよう促せば、自然な回復を待つより早くて確実な改善が期待できます。

具体的に、ポイントは2つ。ひとつは、肌のターンオーバーを促進させること。その作用を持つ代表的なものに、グリコール酸、サリチル酸、ビタミンA誘導体(トレチノイン、レチノールなど)があります。もうひとつは、メラニンを漂白すること。漂白成分のあるものを外用します。代表的な成分は、ハイドロキノンです。いずれも使用する際には、医師の指示をお受けいただくことをおすすめします。その他にも、美白効果が認められている成分には、ビタミンC、フラーレン、トラネキサム酸、プラセンタ、アルブチンなどがあります。

「クレーター」
一度出来てしまうと自然に改善することのない厄介なもの。積極的に改善したい場合には、医療機関での治療が必要です。

治療には色々な方法がありますが、代表的なものは、フラクショナルレーザーを代表とする炭酸ガスレーザーやメディカルピーリングです。いずれも、皮膚の真皮に働きかけ、コラーゲン線維の増生を促し、くぼみを盛り上げる効果を期待して行います。通常、1回の施術では満足のいく効果は得られませんので、回数をかける必要があります。また近年では、自分のコラーゲン線維を増生させる効果のある、線維芽細胞増殖因子という薬剤を用いる注射もあります。

「しこり」
クレーター同様、自然軽快はありません。これは、皮膚が深く傷付いた際に残る盛り上がった傷痕と同じ状態です。

積極的に改善したい場合には、トラニラスト(商品名:リザベン)の内服やステロイドの局所注射を行います。いずれも保険適応の治療です。また、赤みを帯びたしこりに対しては、レーザー照射を行う場合もあります。

そして、自分で不適切な処置を行ったり、不要にいじってしまうと、炎症を長引かせる原因にもなり、引いてはニキビ痕を残すことにもなりかねません。また、治癒の過程において、紫外線を過剰に浴びてしまうと、そうでない場合より強い色素沈着が残ることもあります。

傷痕が残りやすい、残りにくい、というのは、もちろん個人差もあります。日頃、自分は傷痕が残りやすい、という自覚のある方は、なおさら注意してニキビ治療に取り組んでいただきたいです。

さて、ここまでニキビ痕の説明をしてきましたが、一番大切なのは、「ニキビ痕が出来てから慌てるより、ニキビ痕を残さないよう早めに治療をする」ということです。そのためには、必要に応じて気軽に医療機関を受診していただければと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。