リーズナブルなものをみつけるなら、まずは「TESCO」へ

エクスプレス

ダブリンの街の中心にもたくさんの店舗があるTESCO

アイルランド人が普段遣いで利用するリーズナブルなスーパーの一つ「TESCO(テスコ)」。ダブリンにも多く点在しシティセンターには「TESCO EXPRESS」「TESCO metro」など、コンパクトなサイズで比較的夜遅くまで空いている店舗が多いのが特徴です。地方都市にも必ずといってよいほど展開しているので、飲み物やちょっとした食べ物をテイクアウェイしてホテルで気軽に夕ご飯なんて使い方もできそうです。

表示

ほかのスーパーとの価格比較表示も親切

ほぼ同じグレードのスーパーと言って良いアイルランド系のスーパー「DUNNES STORE」が食品、生活用品から衣類までをカバーしているのに対し、「TESCO」は食品・生活用品が中心でフード系の商品がとにかく豊富。「TESCO VALUE」というかなりお得な価格帯の自社ブランドを各種商品展開しているのも特徴です。また自社商品以外でも、「Buy one get one free」などのお得なオファーを随時展開しているのも見逃せません。

 

イギリス系商品のラインナップの豊富さ定評あり

tea

ラインナップがひときわ豊富な紅茶コーナーにはきっと驚くはず

「TESCO」の特筆すべき点と言えば、やはりイギリス系のスーパーだけあって、イギリス系の商品ラインナップの豊富さが挙げられます。たとえばトワイニングスの紅茶。同ブランドのフレーバーの豊富さで言えば、まず「TESCO」の右に出るスーパーはないと思います。日本ではみつからないようなフレーバーがたくさんあるだけでなく、イギリスの行事に関連した限定パッケージなどが出ることも! お値段も日本で買うよりもずっとお得なのでおサイフに優しいながら、なかなか特別感がありきっと喜ばれるお土産になるのではないかと思います。

キャド針ー

キャドバリーファンにはうれしい品揃え

アイルランドでよく見かけるイギリスの商品と言えば、キャドバリーのチョコレートバー。このブランドのラインナップの豊富さも「TESCO」が一番です。日本で買うとけっこうなお値段のこちらのチョコレートバーも、1ユーロ前後から購入できるので、旅のおやつにお土産に重宝することでしょう。

 

ダブリンには23時まで開いている店舗も

metro

ダブリン・テンプルバーのTESCO metroは夜23時まで開いている

日本と比較するとお店の閉店時間がかなり早いアイルランド。それは首都のダブリンでも変わりません。ただし、ビジネスの中心であり、かつ旅行者の多いシティーセンターのスーパーは比較的遅くまで開いている所もあります。パブやレストランの集まる観光客にも人気のエリア・テンプルバーにある「TESCO」は23時まで開いています。このような点からも、必要に迫られた必需品の買い出しや、買い忘れたお土産の最終チェックなどにも「TESCO」はなかなか利用しやすいスーパーと言えるでしょう。

<DATA>
■TESCO TEMPLE BAR
住所:(TEMPLE BAR)
TEMPLE BAR, 40-47 Fleet Street, Dublin 2
TEL:+353 1 890928523
営業時間:7:00~23:00(日曜のみ8:00~23:00)
アクセス:デイムストリート、またはリフィーリバーの川沿いアストンキーからテンプルバーエリアのFleet streetに入ってすぐ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。