完全オリジナル設計の5ドアハッチバックボディ

テスラ モデルS

ボディサイズは、全長4980mm×全幅1960mm×全高1440mm、ホイールベース2960mmと大柄。 ハイビームやテールランプにLEDを使用

テレビでのニュース等でもたびたび取り上げられているので、「テスラ」という名前を聞いたことのある人は少なくないことでしょう。テスラは2003年にアメリカ西海岸のシリコンバレーのパロアルトで設立された、EVを専門に手がける自動車メーカーのベンチャーで、正式名称は「テスラモーターズ(Tesla Motors, Inc.)」です。2008年に第1弾の「ロードスター」を発売。そして第2弾が、ここで紹介する「モデルS」です。

欧米では2012年夏よりデリバリーが開始されており、日本でも同年秋より予約受付を開始。そして、本格的なデリバリーを前に、ひと足先に日本に上陸した貴重な1台に試乗するチャンス恵まれました。
テスラ モデルS

ロングノーズ&ショートデッキのフォルム。Cd値は0.24と良好

「ロードスター」はロータス エリーゼをベースとしたオープン2シーターだったのに対し、スタイリッシュなセダンボディをまとうモデルSはテスラの完全オリジナル設計。実は独立したトランクのない5ドアハッチバックの堂々たる大柄なサルーンです。

また、コンポーネンツのレイアウトの自由度の高いEVの強みを活かし、ロングホイールベースとショートオーバーハングとするとともに、モーターをリアアクスルに搭載し、テスラとパナソニックの共同開発によるリチウムイオンバッテリーをフロア下に敷き詰めています。
テスラ モデルS

リアのトランクは下にモーター等が搭載されるためフロアがやや高めだが、容量は大きい。床下にサブトランクがあり、オプションで後ろ向きに座る子ども2人分の補助シートを装着することもできる

これにより車両重量は2100kgを超えるものの、低重心と、48:52という理想的な前後重量配分を実現。優れた操縦安定性とともに、エンジンを動力源とする自動車では不可能なスペースユーティリティを得ています。これほど流麗なスタイリングでありながら、後席の居住性に優れ、足が組めるほどニースペースも広く、センタートンネルもなくフロアは完全フラット。トランクについても、テールゲートを上げると予想よりもずっと広いスペースがありますが、それだけでなくフロントにもけっこう大きな荷物を積めるスペースを確保しています。
テスラ モデルS

ボンネット下には「フランク」と呼ぶ(「フ」ロントのト「ランク」の意味?)約150リットルのカーゴスペースが。ルーフはスライド機能付きパノラマルーフも選べる