オーバー2000万円の欧州勢に並び立った

シボレーコルベット

ベーシックなクーぺ(929万円)とコンバーチブル(989万円)に加え、よりスポーティなZ51(クーぺ 1099万円、コンバーチブル 1159万円)をラインナップ。6ATに加え、クーぺには7MT(918.2万円、Z51 1088.2万円)も用意された

シボレーコルベット

ボディサイドにはスティングレイ(エイ)のエンブレムが

長年、コルベットに乗り馴れた友人のMを連れて、試乗会に参加した。Mを、新型コルベットC7・Z51パッケージの助手席に乗せ、ボクは走り出した。

インテリアの雰囲気にひとしきり感心はしてくれたものの、大磯ロングビーチのパーキングを出て、西湘バイパスをクルージングするあたりまでは、彼が特に感想というほどの感想をクチにすることはなかった。せいぜい、「お、なかなか速いね」。しかもシビアに、「まぁ、速いっつっても、古いやつ(C6)のZ06くらいじゃねぇの? 」

ところが。箱根ターンパイクに入って、ボクがにわかにC7を追い込みはじめると、彼の表情が激変した。そして、ついに彼の口からこぼれたのは……。「うわーっ、コレもうコルベットじゃねぇよ~」。

長年のコルベットファンにとって、このフレーズが根本的に吉なのか凶なのか、その判断はここではひかえたい。コルベットらしさとは何か、という検討に値する深いテーマを背景とするからだ。それよりもむしろ、コルベットのことを“アメ車のゆるいスポーツカー”程度にしか思っていない大多数のクルマ好きに、こう伝えたい。

コルベットは、オーバー2000万円のヨーロッパ勢に並び立った、と。

つまり。新型コルベットC7は、デザイン、フィニッシュ、そしてパフォーマンスにおいて、世界の頂上スポーツカーと伍するクルマに仕上がっていたのだ。