「半夏瀉心湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

胃腸虚弱や二日酔い、口内炎にも応用できる

もともと体内に熱がこもりやすい人が、冷たい物などを食べてお腹が冷えたり、胃腸に湿熱があったり、胸腹部のつまりや膨満感、嘔吐、下痢などの症状がある人に。

「半夏瀉心湯」の効果

急性・慢性の胃腸炎、慢性大腸炎、神経性胃炎、消化不良、胃下垂、慢性肝炎、早期の肝硬変、二日酔い、口内炎などに。

「半夏瀉心湯」に入っているもの

半夏(カラスビシャクの塊茎)、乾姜(ショウガの根茎を乾燥したもの)、黄連(キンポウゲ科の根茎)、黄ゴン(シソ科の根)、人参(オタネニンジンの根)、大棗(クロウメモドキ科の果実)、甘草(マメ科などの根やストロン)。

「半夏瀉心湯」が合わない人

腹鳴や下痢、げっぷ、むくみなどの症状が強い場合は、半夏を半減して生姜をプラスした「生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)」のほうがベター。お腹を温め、水分代謝機能を整えることで下痢が止まります。

「半夏瀉心湯」の飲み方などの注意点

■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「半夏瀉心湯」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「半夏瀉心湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • 一元 半夏瀉心湯 (一元製薬)
  • クラシエ 半夏瀉心湯エキス錠 (クラシエ薬品)
  • タケダ ストレージ タイプG(半夏瀉心湯) (武田薬品工業)
  • ツムラ漢方 半夏瀉心湯 エキス顆粒 (ツムラ)
  • ハンシャンV 「コタロー」 (小太郎漢方)

「半夏瀉心湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

邪気が胃気に侵入し、上熱下寒という寒熱錯雑と、中気(胃熱と脾寒)の昇降異常を改善する処方です。

■具体的な生薬の効能
主薬の半夏が嘔吐や膨満感を抑え、昇った胃気を正常に戻します。辛温性の乾姜でお腹を温めて寒さを取りのぞき、半夏とともに胃の働きを整えます。

苦寒性の黄連・黄ゴンは心下の熱を冷まし、胃のつかえを解消します。人参、大棗は胃腸の機能をよくし、甘草が全体の調和役に。

このように、この漢方は寒熱、辛苦、補瀉を用いながら、寒熱のバランスを整え、正気を補って邪気を取りのぞく構成になっています。

「半夏瀉心湯」のおまけのエピソード

処方名に「瀉心」とあるように、上腹部のつかえをとるのが目的ですが、精神不安などで生じる気の滞りを解消するので、ストレス性胃炎や過敏性腸症候群などにも応用できます。

ちなみに黄連、黄ゴンを主とする処方の瀉心湯類は、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)など、半夏瀉心湯以外にいくつもあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項