中古車/おすすめの中古車

VWトゥアレグの限定W12気筒モデルがおいしい!(2ページ目)

本格的なラフロード性能と、スポーツカーのような動力性能、高級セダンの快適性を一台に凝縮した「3 cars in 1」というコンセプトで開発されたVWトゥアレグ。その究極のカタチが台数限定で販売されたW12モデルです。この限定車が今、中古車で狙い目です

籠島 康弘

執筆者:籠島 康弘

中古車ガイド

他のW12モデルと比べてもお買い得!

そもそもこのW12エンジンは、VWが持つ狭角のV型6気筒(Vの字の角度が狭いってことです)を並列に、つまりVVって具合に並べた12気筒エンジンです。
VWトゥアレグW12エクスクルーシブundefinedフロント

こちらはエクスクルーシブの外観。スポーツ同様に専用のフロントマスクやリアバンパーが与えられていますが、こちらは高級感を演出するためかワイドフェンダーが省かれています.


Vの字の角度が狭いと、それだけWの横幅を狭くできます。同社ではそのサイズを「V8なみ」だと謳います。もともとV8を積んでいたトゥアレグですから、当然収まりますよというわけです。

最高出力は450ps、最大トルクは600Nm。約2.5tもあるこの車ですがスタートして100km/hに達するまで(0-100km)わずか5.9秒と俊足です。

スペック的には同時期のカイエンターボとほぼ同じ。ですが、大排気量のターボなしエンジンの魅力を知っている人なら、W12の魅力がおわかりいただけるのではないかと思います。例えば現代のスーパーカーであるAMG SLSの6L V8エンジンも、排気量を抑えてターボを備えることがこれだけ人気の中でも未だにターボなしですしね。

むしろ、各社がこぞって小排気量+ターボでパワーと燃費を稼ぐ時代に、W12エンジンは希少価値があると言えるのではないでしょうか。
VWトゥアレグW12エクスクルーシブundefinedシート

エクスクルーシブのシートはこのようにツートン仕様。スポーツはレザーとアルカンターラで、色はブラックとなります。またどちらも全席シートヒーター付き。ちなみにエクスクルーシブはウッドパネル、スポーツはアルミパネルが奢られます


もちろん装備はいわゆる「全部入り」。トゥアレグのために開発され、本格的なオフロードにも対応する4WDシステムである4XMOTION(フォーXモーション)や、好みに応じて乗り心地を「スポーツ」「オート」「コンフォート」から選べるCDCエアサスペンションはもちろん標準装備です。

またインテリアもスポーツなら専用スポーツシート、エクスクルーシブは専用ナパレザー製コンフォートシートを装備し、両者とも前後左右の4ゾーンそれぞれで温度調整が可能なオートエアコン、純正カーナビを含めたマルチステーションなど、トゥアレグの最上級モデルとしての装備が満載。

そもそも新車時価格1000万円超の車ですからね、装備に手抜かりなんてありません。速くてどんな道も走れて、どこへ行くにも快適で。そもそもトゥアレグはそういった車として開発されたわけですが、それをVW社が持てる力を惜しみなく使って仕上げたのが、このW12モデルの2台というわけです。

ちなみに他のW12エンジン搭載車はどうかと言えば、最安値がベントレーコンチネンタルフライングスパーの555万円(2007年式/12万km/修復歴なし)。次いでA8の567万円(2008年式/1.5万km/修復歴なし)。いかにトゥアレグのW12モデルがお買い得かということが、よくわかるのではないでしょうか。

このように、しっかり調べてみればお買い得な車種は意外とあるものです。あなたも一度、探してみてはいかがでしょう。

【関連リンク】
カーセンサー
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます