生後7ヶ月くらいまでの子猫は、その猫生の中でも一番活発に動き回る時期です。目にもとまらない早さで縦に横に、重力を感じさせない軽快な動き。調子に乗ると壁を駆け上がり天井を一周するツワモノもいます。

机の上に乗れば、書類やコップなど、ことごとく下に落とし、ボールペンやアクセサリーなどはおもちゃ代わりに転がして、どこかに隠してしまう。子猫は、わざとイタズラして楽しんでいるわけではないでしょうが、ハイテンションで暴れ回る子猫が悪魔に見えることもあります(笑)。

でも、一転、電池が切れるかのごとくいきなり活動を停止して眠りに落ちた子猫は天使。そんな愛らしい子猫たちの寝姿をご紹介します。

ボクのママは縫いぐるみ

小っちゃいときにママと離ればなれになったボク。甘えたくなったときは、縫いぐるみのママのそばに行って、その腕に抱かれて眠るんだ。ママはふわふわ柔らかくて、とっても優しい感触だけど……。ボクのこと、舐めてくれないのが、ちょっと寂しいね。
ボクのママは縫いぐるみ

ボクのママは縫いぐるみ



君はボクの枕

仲良し兄弟のキジくんと赤トラ君。いつでもどこでも、仲良し兄弟は絶対に離れません。寝るときは、気の強い赤トラ君が優しいキジくんを枕にしちゃう。でもね、もし何か恐い目にあったら、赤トラ君は先頭に立ってキジくんを守ります。
君はボクの枕

君はボクの枕



お腹冷やさないようにね

遊んでるうちに、いつの間にか寝ちゃった。ソファーのてっぺんから滑り落ちそうなので、頭で押さえてます。んで、お腹が冷えちゃうそうなので手を当てて、お腹を温めて寝ます。
お腹冷やさないようにね

お腹冷やさないようにね


続いて首が直角に曲がった寝相?!が登場