妊娠中の適切な運動量は? 産科医からのアドバイス

m.aerobics01

妊娠中の運動:マタニティーエアロビクス

妊娠中の運動は、どの程度が適切なのでしょうか? お仕事をされている方もいろいろ、専業主婦の方もいろいろですから、全ての妊婦さんに一律の答えはありませんが、次のような話をすると、皆さん、何となく判ってもらえるようです。

妊婦の方に「どんなお産がしたいですか?」とお聞きしたとき、最も多い答えが「できるだけ、自然なお産がしたい」というものです。そこで、少し考えてみましょう。

自然界の動物は、毎日の飲み水や食料を自分で動き回って獲得できなければ、出産どころか生きることもできません。しかし、動物園のように住む場所、飲み水、食事が与えられ、動く必要がない動物の場合、出産は飼育係がつきっきり、出産費用が数百万円かかることもあります。

「自然なお産をする」ということは、自然環境の中で、自分とおなかの赤ちゃんのために、毎日の飲み水や食料を獲得する位の活動が必要だ、ということです。コンクリートに囲まれ、水も食物も、お金を出せば手に入るというのは、動物園の動物と同じ状態なのかもしれません。

実際に、今の日本で、野生動物と同じ生活は出来ませんが、豊かな自然の中で、自分が生きるためにどの程度の活動が必要なのか、イメージしてみましょう。妊婦さん方のイメージでは「身体を動かす活動が、少なくとも3時間位」が、最も多いようです。私も、そんなところだと思います。

生活が便利すぎて、活動が足りない方は、ウォーキングなどで補うことが必要です。毎日30分の散歩から、始めてみましょう。生活の中で、毎日続けられる活動が、 妊娠中に適切な運動の目安です。「毎日、3時間歩いています」という方は、それが、その人に適しているということです。もし、週1~2回のマタニティービクス、ヨガ、スイミングなどが心地よく、ストレス発散になる方は、あなたの身体が喜んでいるのですから、ぜひ、継続して下さい。

妊娠中の運動・スポーツの注意点
妊娠中の運動選びで占うお産スタイル

これまで、妊娠中の運動について紹介してきましたが、最近、産後の運動についての関心が高まっています。次回は、妊娠前の体型を取り戻すための情報を紹介したいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。