妊娠中の運動について、産科医からのアドバイス。

妊娠中の運動:注意点

時々、妊婦さんに「ゴルフに行っていいですか?」とか、質問を受けます。 運動には、ジョギング、ゴルフ、テニス、水泳、登山、サイクリングなど、 いろいろとありますが、まずは、止めておきたいスポーツから、

× 競技種目
ゴルフ、ボーリング、テニス、卓球、バレー、バスケ、サッカーなど、
勝ち負け、点数をつける、団体競技は、無理をするので、妊娠中には行いません。

× 危険を伴う種目
妊娠中は、反射神経、平衡感覚、動体視力、判断力などが、多少、鈍ります。 器具を使う。天候、自然の変化で予想外の状況が起こりうるものは、避けます。

× 要注意の身体の動き  
ジョギング、水泳の平泳ぎなどは、ひざ、股関節に負担をかけるので要注意です。 ウォーキングマシンも、ベースを上げると身体に負担になるので避けます。

× 体重コントロールのための運動。
減量の為に、運動を頑張ってはいけません。汗をかいて、身体の水分が抜け、一時的に体重が減って見えるのは、脱水状態なので、胎児にも危険です。  妊娠中の体重は、運動ではなく、食事でコントロールします。

〇 マタニティービクス・ヨガ、マタニティースイミングなど。
妊婦に配慮された運動は、もちろんOKです。一般には、妊娠5ヶ月以降、 主治医の許可を得て行います。

〇 日々のウォーキング、家事など。
実は、妊娠中の運動は、日頃の生活の中でも十分行えます。


大河ドラマ「江」の中で、世継ぎを身ごもった上野樹里(お江様)は、 豆拾いさせられていました。 あの当時、運動不足の妊婦は、お城のお姫様くらい。 庶民は生きるだけで忙しかったのです。 今、皆さんの中に、お姫様のような暮らしをしている妊婦様はおられませんか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。