夏メイクは「きれい色」と「透明感」がカギ!

夏の強い日差しのもとで魅力的に見せる夏メイクのポイントは「きれいではっきり」した色使いです。ただし、色数が多かったり分量が多かったりするとやぼったくなるので、街では絞ってポイント的に使う事!

あとは涼しげな雰囲気を演出してくれる「透明感」です。パールやグロスの輝きなどみずみずしいツヤ感で、夏らしい質感をまとって。ツヤの質感は、パーツによってタイプを変えるとバランスが良いです。例えば、目元はパールで口元はグロス。口元はパールで目元はラメなど。爽やかな透明感で、夏ならではの質感メイクに仕上げます。


「夏チーク」はいつものチークにブロンズを重ねて

さっと日焼けしたようなヘルシー感のある肌も、夏ならではの魅力です。実際に焼かなくても、チークでさっと日焼けしたような健康的なナチュラル肌を作ることができます。しかも、いつものチークの上にプラスするだけだから簡単! 

頬の高いところ、額やアゴ先など凸の部分にさっとブロンズ系のチークまたはフェースパウダーを重ねます。またはいつものチークにブロンズ系のチーク(フェースパウダー)をミックスしてつけてもOKです。

今年の夏限定発売の「ジバンシイ プードル・クルーズ(2ドゥース・クルーズ)」は、肌に溶け込むようになじむ自然なツヤ感が魅力。ブロンズ感も強すぎないので、とても使いやすいアイテムです。

ジバンシィ

夏チークで健康的なつや肌に!



きれい色のグロスで透明感あふれる「夏リップ」に

「夏リップ」はみずみずしくぷるるんとした質感がマスト。グロスの質感を出しながら、ヴィヴィッドなきれい色をチョイスするのが今年流です。

グロスルージュの中でも「イヴ・サンローラン ルージュ ヴォリュプテ シャイン(13 ピンク イン パリ)」は発色とツヤが今年っぽくておすすめ。全体にざっくりつけたら、輪郭を綿棒か指先でぼかすのがポイントです。
今年の夏リップに欠かせないグロスルージュ

今年の夏リップに欠かせないグロスルージュ


■DATA
「プードル・クルーズ (2 ドゥース・クルーズ)」(限定品)
6045円 ジバンシイ

「ルージュ ヴォリュプテ シャイン(13 ピンク イン パリ)」
3885円 イヴ・サンローラン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。