自動積立定期で貯まったお金は、有利に預け替えを!

銀行の定期預金を貯蓄のベースにしている人は多いでしょう。給与振込口座に
預け替えに便利な地銀情報

預け替えに便利な地銀情報

使っている金融機関で自動積立をし、そのまま継続扱いで気がつけば100万円、200万円とまとまった定期預金になっているケースがほとんどです。貯蓄ビギナーは、まとまったお金を貯めることが優先なので、この方法が正解なのですが、100万円とまとまったお金ができたら、次の預け先を考えるべきです。

というのも、銀行の特性が反映されているため、最近の定期預金事情は様変わりしています。一般的なメガバンクの1年もの定期預金の最新金利(2013年4月末時点)は0.025%。100万円預けても、利息はわずか250円(税引き前)。これが20倍の2500円の利息になる!となれば、話は違ってきますよね。

少しの金利差にも敏感になって、有利な預け先を見つけることは、マネーセンスUPのためには大切なこと。いまどきの「定期預金」にはどんな種類があるのか、確認しておきましょう。金利は高いけれど、預け入れ金額や預け入れ期間が限定されているなど条件があるものもあります。貯蓄の目的、使い道によって使い分けるようにしましょう。

説明画像

2013年4月末時点の情報。銀行ごとに独自性を出しているので、定期的にチェックするとオトク情報が見つかるはず!

 

地銀のインターネット支店、ボーナスキャンペーンに注目!

ユニークな支店名で注目を浴びている地銀のインターネット支店。金利が高いことでも人気が高まっています。いずれも預け入れ金額に制限があったり、1年限定であったりと利用条件がありますが、「満期になったお金の預け先を探している」「使うまでは少しでも有利に運用したい」「使う目的があるから、あえて別の口座で運用したい」など条件があっても利用価値がある人も多いのではないでしょうか。入出金は提携金融機関などのATMを利用することになりますが、コンビニATMなど使えるところが多いので、使い勝手をあまり気にする必要はないでしょう。

説明画像

地銀でもインターネット支店は全国どこからでも口座開設が可能です



また、メガバンクも含めて、6月ごろから「夏のボーナスキャンペーン」が各金融機関で始まります。ボーナスキャンペーンといっても2カ月程度は申込期間がありますので、内容を確認してから口座開設をしても遅くはないでしょう。ただし、募集金額に上限がある金融機関(特に地銀のインターネット支店)もありますので、過去のキャンペーン状況などを確認して、気になる金融機関があれば、先に口座開設をしておくことをおすすめします。

【関連記事をチェック!】
誰でも貯まる!1000万円の貯め方
積み立てに勝る貯蓄の王道はない


【編集部より無料オンライン講座のお知らせ】
参加者には抽選で参考書籍をプレゼント!
人気FPが解説「教育費を貯めながら将来にも備えるマネー講座」
協賛:大和証券株式会社


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。