水周りも菌床に?

ユニットバス

住まいは「ユニットバス」化している

ただ、気密性の高い空間である近年の住まいの場合、「キッチン」や「お風呂場」といった元祖水周りこそが「菌床」となって、家全体にカビが伝播してしまうという可能性はやはり、あります。

結露しやすいあらゆる窓の周辺や、洗濯機の内部、エアコン吹き出し口などに多く見られる「黒カビ(クラドスポリウム)」は、本来「お風呂場」に生えるカビの代名詞でしたが、最近では家じゅうで見ることができます。

高気密故に湿気の逃げ場がなく、温度差のある壁や収納内部や窓の周りで結露が起こることで、ホコリや素材自体をエサにして、その場を漂っていた胞子が根を張ってしまうものと思われます。


カビの除去方法って?

ベッド

ベッド下の空間を「有効に活用」するつもりで、カビだらけにしてしまった経験者は少なくありません

目視できるレベルまで生育したカビは、そこからまた胞子を散らすので早めに取り除かなければなりません。ただ、このケアの際、当のカビに栄養を与えてしまわないように注意しましょう。

カビにとってエサとなってしまうのは、汚れのみならず洗剤も。洗剤に含まれる界面活性剤や、石けん由来の脂肪酸カルシウムは、掃除に役立つどころか美味しいエサとしてカビの生育を助けてしまうのです。

また、カビの生育に不可欠な「水で拭く」のももってのほか。ですから、カビ菌を殺菌・失活させつつ掃除をするには、「消毒用エタノール」を使うか、濯げる環境であれば「次亜塩素酸ナトリウム」を使います。

「冷蔵庫内」や「収納内部」に生えたカビは、使い捨てられる布などに噴霧した「消毒用エタノール」で拭きましょう。靴の内部に生えたカビなどにも有効です。ただし消毒用エタノールは引火性が高いなど使用上の注意点もあります。詳細は「多機能掃除用品「消毒用エタノール」」参照のこと。

カビの生えてしまった寝具は、可能な限り廃棄・買い替えが良いのですが、布団の丸洗いサービスなどでもある程度は対処できます。ただ、カビ臭いニオイが残っているとまた条件が整えば生えてしまいます。

そもそもカビを生やさないためには、「万年床」を避けること。フローリングや通気性の悪いじゅうたんなどに直敷きしないこと。定期的に天日で干すこと。

布団を敷かないベッドの場合でも、ベッドメイクをまめにしなかったり掃除や換気の頻度が低いとマットがカビたり、ベッド下収納の中がカビだらけになったりします。シーツやベッドパッドは洗濯し、マットは干せなくても周囲の空気が良く動くように気をつけるだけでもカビ発生の危険性は下がります。

布団、ベッド問わず。あれば椅子などにふわっと掛布団を掛けてエアコンの冷風に晒すだけでも乾燥を促すことができます。天日干しをする時間がない場合でも「乾燥」を意識することで、カビ発生を抑えたり遅らせたりすることはできますので、心掛けてみてください。

「カビが生えるのはここだけ!」という思い込みが掃除以前にあると、思わぬカビの温床を放置しかねません。そのせいでカビ対策をしてもしても生えるという「いたちごっこ」にならないようにするためにも、水周り以外のカビにも注意して梅雨~夏を過ごしていただければと思います。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。