フットサルは一人でもできる

フットサルは一人からでも始められる
 

フットサルの始め方

これまで
・フットサルのルール
・歴史
・Fリーグ
などをご紹介してきましたが、今回からようやくフットサルの始め方をご紹介したいと思います。

まず、フットサルを始めようと思った時、どうやって始めるのか?

私自身もそうですし、iOS向け無料電子書籍【フットサルのすすめ】を製作するにあたり行ったアンケートで、一番多かったのが「学生時代の友人と始めた」という声でした。特にサッカー部仲間で始めたという声が圧倒的に多かったです。また、次に多かったのが「職場の人達と始めた」でした。以前にも書きましたが、フットサルコートは都心の一等地などにもあります。故に、仕事終わりに職場の人達でフットサルをするという人が増えてきているようです。また、フットサルは老若男女で楽しめるスポーツということで、会社でレクリーエーション活動として会社公認の活動という声もあり、会社によっては費用全額負担なんていう声もありました。

ですが
・周りにフットサルをしたいという友人がいない
・会社にフットサルをしたいという人がいない
そんな方々は、どうやってフットサルを始めれば良いのか?

社会人になると人を集めるということは難しくなります。そんな中、上述したサッカー部仲間で始めたという方々の多くが、サッカーに比べ少人数で出来るという理由でフットサルを始めたという理由が多かったですが、さらにフットサルは一人からでも始められます。その方法をご紹介します。

【一人からでも始められるフットサル】

SNS

まず一つめは「SNS」です。

Twitter、Facebook、mixiなど様々なSNSでメンバーを募集しているチーム、団体があります。カテゴリーも様々で、例えばTwitterで「フットサル 募集」と検索すると、「初心者大歓迎」「経験者求む」などの募集ツイートが見つかります。そこに自分が行きたい場所やカテゴリーを追記して検索すれば、さらに絞られた情報を見つけることが出来ます。


個サル

そして二つ目が近年大幅に増えてきたフットサルの始め方です。

それは「個サル」と呼ばれる個人参加型フットサルです。その多くがフットサルコートなどが個人参加を募り、そこに集まった男女でチームを分けフットサルをします。検索方法としては、例えばご自身が渋谷でフットサルをしたいと思ったら、インターネットで「個サル 渋谷」と検索します。すると、多くの募集情報が出てくると思います。その中で自分が行きたい時間、カテゴリーなどを探し、電話やインターネットから予約するという方法が一般的です。大抵参加費用は2時間1,000円~1,500円程度です。そこで出会った方々などでチームを作り、大会などに出場したなんて話も聞きます。

注意するべき点は、個サルの場合、大抵ゴレイロ(サッカーで言うゴールキーパー)もチームで回します。その方法は一試合ごとや一点入るごとなど、運営側によって異なりますが、そういったルールを守ることは最低限の参加条件になります。また、最低募集人数が集まらない場合は中止になることもありますので、その点も頭に入れて置いた方が良いと思います。