オンラインパーソナルトレーニングと自宅トレは、どこが違うのか?

自宅でのセルフトレーニングとオンラインパー ソナルトレーニングとの違いは何なのだろう

自宅でのセルフトレーニングとオンラインパー ソナルトレーニングとの違いは何なのだろう

オンラインを通じて、トレーナーと二人三脚で行う、「オンラインパーソナルトレーニング」が最近話題を集めている、ということを前回ご紹介しました。今回は、オンラインパーソナルトレーニングの魅力について、より詳しくお話ししていきたいと思います。

このコラムをご覧になっている皆さんの中には、ここでご紹介したトレーニングメニューや、トレーニングにまつわる書籍などを見ながら、ご自身で筋力トレーニングを行っている人が多いのではないでしょうか。そうした人にとっては、「なぜわざわざ高いお金を払ってまで、オンラインパーソナルトレーニングを行う必要があるのか?」と疑問に思うこともあるでしょう。そう言われるとたしかに、オンラインパーソナルトレーニングと自宅で行うセルフトレーニング、さらに言うと、実際にジムに通ってトレーニングをするのとでは、どのような違いがあるのか、明確にはわかりにくいですよね。そこで、今回はその「違い」に焦点を当てて、解説してみました。

自宅トレーニングは、自由度が高いが、離脱率も高い

「好きな時間に好きな場所で、好きにトレーニングできるのなら、オンラインパーソナルトレーニングもセルフトレーニングも一緒」と感じられるかもしれません。けれども、実はこの2つには、大きな違いがあるのです。

自宅でのセルフトレーニングが続かない大きな理由の一つに、「孤独感」があります。セルフトレーニングでは、メニューを決めるのも、トレーニングをするのも、そして、その結果を実感するのもあなた1人です。自由度は高いですが、その分、自分自身をしっかりコントロールする必要があります。そうしたストイックさが性に合っている人にとってはこの上ない方法ですが、実際はなかなかうまくいかないことのほうが多いものです。

このメニューを続けて、本当に成果が出るのだろうか。昨日頑張ったから、今日1日くらい休んでも大丈夫かな。1人で同じことを続けるのに飽きてきたな。こうした感情は、トレーニングを行う上で、必ずと言っていいほど沸き起こってきます。一度沸き起こったマイナスの感情を、1人でおさえつけるのは至難の業です。葛藤してはみるものの、うまく折り合いをつけることができずに結局挫折してしまった。こうした経験は、ほぼ誰もが持っているのではないでしょうか。自由度が高いけれど、その分、離脱率も高い。これが自宅でのセルフトレーニングの欠点でもあるのです。


次のページでは、オンラインパーソナルトレーニングのさらなるメリットをご紹介します。