リアルジュエリーと楽しむビーズ 材料&作り方

難易度★☆☆☆☆
製作時間の目安:それぞれ30分程度

8の字編みリング
  • 織ビーズ(ビーズ織り用のビーズ) 本金メッキ……適量
  • 淡水パール 約2.5~3mm……適量
  • 丸小ビーズ 中本金メッキ(ビーズの穴の内側にメッキしてあるもの)……適量
  • テグス 2号 透明……60cm
一文字リング
  • 丸小スリーカットビーズ 本金メッキ……適量
  • 淡水パール 約2.5mm~3mm
  • チェーン ゴールド……約5cm
  • テグス 2号 透明……60cm
リアルジュエリーと楽しむビーズ

中央手前が本金メッキビーズ

リアルジュエリーと合わせるコツ
今回はリアルジュエリーの存在感とつり合うよう、本金メッキのビーズを使用しています。右図はゴールド系のビーズを比較したものですが、本金メッキビーズは色合いや輝きが貴金属に近く、リアルジュエリーと組み合わせた時にも違和感がありません。

もし、お手持ちのジュエリーがシルバーやプラチナの場合は、パラジウムメッキやニッケルメッキのビーズを使ってみてください。


 
8の字編みリング
リアルジュエリーと楽しむビーズ

一編みごとにしっかりテグスを引き締めて

テグス中央に丸小中本金、織ビーズ、淡水パールを通し、図のように8の字編みする。

 
リアルジュエリーと楽しむビーズ

まる二周ぶん編むと強度UP

必要な長さだけ編んだら、編み始めの中本金ビーズにテグスを通して輪にし、紫●の位置でテグスを2回結んで、余ったテグスをすでに通したビーズにもう一度通す。通せるところまで通し(できればまる2周ぶん編む)、切る。

 
リアルジュエリーと楽しむビーズ

チェーンを通す位置に注意

一文字リング

テグスを20cmほど残し、本金メッキビーズを作りたい長さの3分の1、または1.5cmぶんほど通す。

チェーンを3cmに切ったもの、淡水パール1個、本金メッキビーズ1個、チェーンを2cmに切ったものを通し、以後は淡水パールと本金メッキビーズを、交互に1個ずつ通す。

 
リアルジュエリーと楽しむビーズ

チェーンがねじれないよう気をつけましょう

図の位置にチェーンのもう一端を通したら、さらに本金メッキビーズを連続して通す。

 
リアルジュエリーと楽しむビーズ

ビーズに隙間ができないよう慎重に

本金メッキビーズの部分が作りたい長さになったら、休ませておいたテグスと2回結び、図のようにすでに編んだビーズに赤・青で記したテグスそれぞれを通し、図の位置で出して、切る。

図ではチェーンの手前でテグスを出しているが、もしできれば淡水パールの部分にもテグスを通し、適当な位置で切る。

 
リアルジュエリーと楽しむビーズ

王冠のような印象

8の字編みリングとセット

8の字編みリングを下にし、リアルジュエリーのダイヤが上向きになるようつけてみました。単体より、だいぶ印象が変わります。

 
リアルジュエリーと楽しむビーズ

動きと遊び心をプラス

一文字リングとセット

手を動かすたびにチェーンが揺れて、かわいらしい印象です。

 
リアルジュエリーと楽しむビーズ

3連で華やかさ満点!

3連セット

それぞれはシンプルなのに、重ねづけするだけでインパクトばつぐん! すべてを同じ指に付けず、どれか一つを別の指や手につけるのもおすすめです。

 
ここではアクセントとして、どんなリアルジュエリーとも相性の良い淡水パールを使用しましたが、好みで天然石やガラスなどの素材と置き換えてもかまいません。組み合わせたいリアルジュエリーのデザインをよく見て、チョイスしてくださいね!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。