ビーズの資格って?取るとどうなるの?

ビーズアクセサリーにおける「資格」とは、作品を作るための一定のスキルを認定するものです。様々な団体が主催・発行しており、その内容や影響範囲、効果的な活用方法は異なります。自分の目的(講師になりたい・教室を開きたい・技術を習得したい)によって選びましょう。

ビーズステッチ技能認定講座

楽習フォーラムの公式サイトより

ガイドが挑戦したのは、楽習フォーラム/(株)コロネットの「ビーズステッチ技能認定講座」。針と糸を使って編むビーズステッチの様々なテクニックを基礎から学ぶ内容で、審査に合格し認定を受けた後は、協会の様々なサービスやサポートを受けながら、認定インストラクターとして活動できるようになります。

 
なお楽習フォーラム/(株)コロネットは公益財団法人日本生涯学習協議会(所管:内閣府)が監修・認定を行った認定講座を企画・運営している団体で、中でも手工芸の技能認定には数多くのノウハウと実績を持っているそうです。


講座の内容・受け方は?

講座内容は、ビーズステッチのテクニックを使った課題作品を作製し、提出して審査を受けます。

受講方法は2通りで、ひとつは協会が認定した講師が開催している教室に通い、レッスンを受ける方法。講師は全国各地で活躍しており、こちらから最寄りの教室を検索できます。

もうひとつは自宅で受けられる通信認定講座を利用する方法です。ガイドは今回、通信認定講座を申し込みました。

教材・講座内容

ビーズステッチ技能認定講座

必要なもの一式がまとめて到着

楽習フォーラム/(株)コロネットのサイトから申し込むと、自宅へ教材とテキストのセットが送られてきます。
課題は全部で12作品。基礎編と応用編に分かれており、回を重ねるごとに高度な技術が必要になります。

 
ビーズステッチ技能認定講座

ビーズのほか、糸や針もセット

ガイドの正直な第一印象は、「けっこう、難しそう…」。やはりプロを目指す人のための講座だけあり、デザインや手順が複雑で、しっかりした技術と工夫を要する内容です。

 
というわけでガイドも、さっそく製作をスタート!現時点で、2作品完成しています。

ビーズステッチ技能認定講座

キットとしても十分楽しめます

1つめはペヨーテステッチのストラップ。お花のフリンジが付いた、凝ったデザインです。

ペヨーテステッチの部分は白と金のビーズを自分でバランスよく配置しなくてはならず、数を数えながら慎重に作業しました。
製作自体は比較的易しく、3時間程度で完成しました。

 
ビーズステッチ技能認定講座

エレガントで上品なデザイン

2つめはスパイラルロープのラリエット。こちらはやや苦戦…。淡水パールになかなか針が通らず、きれいに仕上げるために、針を押し込む力具合や、糸を引く加減をかなり調節しなくてはなりませんでした。

何度か調整ややり直しをしたため、トータルで5~6時間ほどを費やし、完成。

 

資格目的以外にもおすすめ!

製作してみて感じたのは、講座内容の「濃さ」と「手応え」です。

ビーズステッチ技能認定講座

フルカラーで見やすいテキスト

作品の難度は高いのですが、テキストの記載はきわめて詳細で、注意すべきポイントが丁寧に解説されています。図や文字も大きくて見やすく、紙質が良いので繰り返し見なおしてもきれいなままです(これ、けっこう大切です!)。

 
ビーズステッチ技能認定講座

細かい気配りが嬉しい!

また、材料には使う順番通りに番号が記載してあるなど、スムーズに作業するための気配りが随所に見られます。

楽習フォーラム/(株)コロネットでは初心者向けの講座も手がけているので、そのノウハウが活かされているのかもしれませんね。

 
さらに、課題作品のデザインや、材料の品質も、とてもグレードの良い物が採用されています。資格取得を目的とする方だけでなく、独学を卒業し、ビーズのスキルをしっかりと学びたい方にもおすすめできるのではないかと思いました。

課題の12作品はすべて自力で作製し、原則として教材到着から15ヶ月以内に提出する必要があります(延長申請も可能)。ガイドは現時点ではデザイナーとして会社勤めをしているため、なかなかまとまった時間を取りづらい状況ですが、なるべく早く合格できるよう、頑張ります!

今後も受講のレポートや、ビーズの資格取得・プロになるための情報をお伝えしてゆきたいと思います。どうぞお楽しみに!


■ビーズステッチ技能認定講座
取得資格:日本生涯学習協議会(JLL)発行:「ビーズアートステッチ技能認定証」
受講資格:特になし
受講料:一般価格 : 39,800円(税込) 会員価格 : 35,820円(税込)※
※……認定料、会員登録などは別途
詳細:ビーズステッチ技能認定講座
参照:楽習フォーラム/(株)コロネット



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。