事前に加入する海外旅行保険

事前に加入する海外旅行保険は、ピンポイントでいつからいつまで、このようなことに対しての保険に入っておきたいという個々の要望にしっかりと応えてくれます。保険料をきっちり支払うかわりに、希望に応じた手厚い補償を受けることができるのです。

しかし、保険料を無駄に支払わないためには、加入時に自分でどの補償が欲しくてどの補償は必要ないかなどの取捨選択をしっかりとしておかないとならないので、ある意味面倒ですが、何かトラブルがあった時には、すぐに加入している保険でカバーできるかどうかの自己判断ができるので便利です。

クレジットカードに付帯されている保険

一方のクレジットカードに付帯されている保険は、クレジットカード会社によって適用要件や補償内容、補償金額などが様々です。例えば旅行代金を支払っていないと保険が適用されないものや、こちらはほとんどがそうですが3ヵ月以上の滞在には適用されないものなどです。

改めて加入する必要がない保険ですので、それらを事前に細かくチェックする人は少ないと思いますので、万が一トラブルに会ってしまった時点で、このケースは補償されるのかどうかの確認をしなくてはいけません。慣れない海外での作業となると、なかなか大変だったりします。

でもなんと言っても、クレジットカードに付帯されている保険のメリットは、その都度の事前申し込みが不要であるという簡便さ、そして保険に対する追加の費用が不要であるという金銭的な面でしょう。

事前加入の海外旅行保険とクレジットカード付帯の保険
どう選ぶ?

お互いの特徴を考慮すると、海外に慣れていない人など最初は事前に加入する海外旅行保険を利用して、保険に対する煩雑さや心配は日本で解決してから出掛けることにし、慣れてきたらクレジットカードに付帯されている保険を上手に利用していくのがいいかと思います。

ちなみに、概してクレジットカードに付帯されている保険の方が事前に加入する海外旅行保険よりも保険請求時の書類作成が煩雑だという話を聞きます。そのような事務手続きが面倒な方は、事前に加入する海外旅行保険がいいのかもしれないですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。