10倍の展示スペースになった新アクロポリス博物館

acr3

古代の貴重な大理石彫像が並ぶ



最終日は2009年にオープンした新アクロポリス博物館へ。総床面積2万5千平方メートルで、素晴らしい古代の大理石彫像やパルテノン神殿のレリーフなどが数多く展示されています。アクロポリスの丘の旧館に比べ約10倍の展示スペースになりました。アク ロポリスにあるエレクティオン神殿の女性像の柱はレプリカで、本物はここにあります。

グランドフロアから1Fへスロープ式にのぼっていく造りです。1Fはたっぷりと自然光が射しこむ現代的なガラスギャラリーと古代の大理石展示作品との対比が見事な空間です。

2Fのモダンなカフェ、レストランは美味しい軽食メニューが多いのでコーヒーブレイク、ランチにおすすめです。屋外のカフェテラスはアクロポリスやリカヴィトスの丘を眺めることができます。

2013年の2月からは、ギリシャの伝統的な朝食メニューがスタート。旬のフルーツやサラダ、各種フレッシュジュース、ホームメイドのパンやジャム、名産のヨーグルトやはちみつ、ギリシャの伝統的な手づくりチーズパイ、パンケーキ、クルーリ(ゴマをまぶしたリング形のパン)、ナクソス島のグリエールチーズ入りオムレツなど美味しそうなメニューが盛りだくさんです。毎日12時までオーダーできるので、鑑賞の合間に眺めのよい空間でゆっくりブランチを楽しむのもいいですね。

ミュージアムショップも展示作品をモチーフにしたお洒落な文具、Tシャツ、マグカップなど、お土産グッズが充実しています。

3Fのパルテノンギャラリーは必見。一面のガラス窓の外にパルテノン神殿を眺めながら、それぞれの辺の長さや比が同じように再現された原寸大展示で、現存している大理石のレリーフを見学できます。居心地のよい博物館なので、フライトスケジュールが許す限り、ゆったりと見学してください。


<DATA>
新アクロポリス博物館
住所:15 Dionysiou Areopagitou Street
TEL:210-9000900
開館時間:4月~10月の火曜~日曜  8:00~20:00、金曜のみ ~22:00 
※11月~3月の火曜~木曜 9:00~17:00、金曜のみ~22:00、土日 9:00~20:00  
休館日:月曜、1/1、5/1、12/25、26
※その他、復活祭など毎年変動する祝祭日による休館、開館時間の変更あり 上記リンクの公式ウェブサイトよりVisit→Hours&Ticketingで要確認
料金:5ユーロ
アクセス:地下鉄ライン2(赤のライン)アクロポリス駅下車、徒歩約3分


まだまだ見所は尽きませんが、4日間でアテネとその周辺の代表的な人気スポットを巡りました。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。