幼稚園の選び方は、公立か私立かということを考えてから選ぶのもコツです。高校や大学が附属の幼稚園ならば、その大学に合ったカリキュラムで学んでスムーズに進学することができいます。
undefined

 あくまでも子供目線で考えて幼稚園を選ぶ


保育体制をチェック

幼稚園には、1年から3年保育という保育体制があります。独立クラスや混合クラスがありますので、調べてから選ぶとよいです。共働きで仕事を長く続けたい人には、時間を気にせずに子供を預けることができる「預かり保育」を行っている所を選ぶのもコツです。土曜や日曜にも子供を預けることが可能ですし、長期の休みにも対応していて安心して働けます。

あまり多くの保護者会や行事等がある幼稚園では、そのたびに参加する義務も発生したり、費用がかかってきます。不参加が多くなれば、それだけ保護者との関係も悪化してしまうことがありますので、前もって調べておきたいところです。

カリキュラムをチェック

幼稚園の中には、欧米スタイルを取り入れて英語教育に力を入れている所や、運動をたくさんさせて健康的な体力作りに力を入れている所もあります。その子供に合ったカリキュラムを選ぶのもポイントで、いかに楽しく通えるかを考えましょう。

園長と先生の人柄を知っておこう

園長や先生がフレンドリーで、コミュニケーションがとりやすい幼稚園を選ぶのもポイントです。そういった園長がいる園では、トラブルがあった時でもすぐに親身になって対応してくれますし、子供に優しい教育を行っていることが多いです。

最後は子供の立場で考える

大人数で子供が刺激を受けながら同じ作業をさせて学ばせる一斉保育もあれば、個性的な学習方法で自発性を伸ばせる自由保育のスタイルの幼稚園があります。

とにかく、幼稚園に通うのは子供です。大人目線で考えずに、子供が通っていかに楽しく学べるかを考えながら選ぶのがポイントです。

給食ならば、子供が美味しいと食べられる味の幼稚園を選ぶようにし、通園バスが安全で乗りやすいという点も選ぶポイントになります。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。