断崖絶壁!スリル満点の吊り橋
「城ヶ崎海岸」

城ヶ崎のつり橋

城ヶ崎のつり橋

いまから約4000年前、富士山のそばの大室山が噴火したとき流れ出した溶岩が作り出した城ヶ崎海岸。海岸線には波の浸食でできた絶壁が連なります。

昭和35年に建設された門脇灯台は、平成7年に展望台付きの灯台に改築されました。67段の階段を上りきると、はるかに伊豆七島や天城連山の峰々を望むことができます。

門脇灯台を中心に、リアス式海岸が織りなす絶景をたどる全長9kmのハイキングコースは「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれています。

城ヶ崎海岸の一番のスポットといえば、長さ48m、高さ23mのスリル満点の吊り橋。昭和43年に完成した吊り橋は、定員100名となっていますが繁忙期にはそれ以上の人が渡っていそうで、その重みで上下に揺れたりします。人がふたりすれ違うには充分な幅ですが、立ち止まって眼下を覗くと切り立つ断崖絶壁が迫り、恐怖で足がすくみます。

■伊豆 城ヶ崎海岸
・URL:http://www.itospa.com/nature_park/zyogasaki/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。