絵画のように美しいフィレンツェの街並み

 

 アルノ川にかかるヴェッキオ橋

『眺めのいい部屋』は、良家の令嬢ルーシーが、旅先のフィレンツェで労働者階級の青年と出会い、恋に落ちるというラブ・ロマンスの名作シネマです。
赤い屋根の家並み。ゆったりと流れるアルノ川。
この映画に出てくる、どこをとってもまるで絵画のように美しいフィレンツェの街並みに惹かれ、この地を訪れる人は多いのではないでしょうか。

「街全体が美術館」、「屋根のない博物館」と呼ばれるフィレンツェには、歴史的価値のある建築物や、彫刻が随所に残ります。
そのフィレンツェを半日で案内してもらえるのが、このツアーです。

 

         ドゥオモの脇に立つジョットの鐘楼


集合はアドゥア広場。まずは巨大なドームが目印の大聖堂、ドゥオモを見学します。その後、フィレンツェ共和国時代に政庁として使われていたヴェッキオ宮殿、ロマネスク様式の八角形の建物が興味深いサン・ジョバンニ洗礼堂、いつもにぎやかなシニョーリア広場、アルノ川にかかるヴェッキオ橋、ゴシック様式のジョットの鐘楼を見学し、解散となります。
徒歩での観光なので、歩きやすい靴が望ましいでしょう。

■フィレンツェ半日観光
取扱会社:HIS
料金:大人 €45、子供(2~11歳) €31
所要時間:3時間(8:45~12:00)
催行日:毎日
HP:http://activities.his-vacation.com/jp/jp/TourLeaf/FLR0006.htm

※データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。