交通事故は様々。自分にまったく非がないケースや、他人の事故に巻き込まれて損害を被ることもありえます。そのようなケースで自動車保険はどのように使えるのでしょうか。

Q.交差点で信号待ち。
後ろから追突された事故の場合、自分の保険は使える?

自分にまったく非がない場合、自動車保険が使えないケースも出てきます。そんな時、どうすれば良いのでしょうか

自分にまったく非がない場合、自動車保険が使えないケースも出てきます。そんな時、どうすれば良いのでしょうか

A.過失ゼロの事故となり、全ての損害は相手の保険で対応されます。自分の保険は使えるものと使えないものがあります。

交通ルールで定められた位置で信号待ちをしていた場合、被害を受けた人の過失はゼロ。渋滞などで一時停止していた時に追突された場合も同様に過失ゼロとなります。

自分が被害を受けた損害は全て相手がまかなうことになるため、自分の保険の出番は基本的にありません。ただし体のケガについては、自分の保険を使うケースもありえますが、最終的には自分の保険会社が相手方に請求します。

Q.交差点で停車中、他の車同士が事故。
ぶつかった衝撃で、こちらの車に突っ込んできた!保険はどうなる?

A.加害車両の保険を使うことになります。

このケースも被害車両の過失はゼロであれば、加害車両の保険を使うことになります。特に車両絡みの損害は相手方に100%修理費用を出してもらうことになります。

なお、被害者が過失ゼロであっても身体にけがをしてしまった場合、自分の自動車保険を使うことも可能です。

>>自分がけがをした場合に使える保険はコレ!