観光に大人気の世界遺産テオティワカン遺跡

 

 

太陽と月のピラミッド、死者の道。
春分と秋分、昼と夜が等分になる日には、
祭壇に天かける神の――ケツアルコアトルの姿が浮かび上がる。

さえぎる物のなにもない世界遺産のこの場所で、ごうごうと吹きすさぶ風を全身に受けながら、息をきらしてピラミッドにのぼり、地球とひとつになる。

わたしはそんな体験を、ホテルのレセプション経由でお願いしたツアーで体験してきました。

ドライバー兼ガイドさんはメキシコ人のナイスガイ。英語でガイドをしてくださる予定でしたが、妹がスペイン語で会話し、わたしも解せることを判断すると、にっかり笑って機関銃のようにスペイン語でガイドをされはじめました。

アステカの神話や、ふたつのピラミッドで現代でも行われる儀式について。その日に集う世界中の観光客でこのひろいひろい広場が埋まる様などなど。フランス語を学んでいたおかげで、スペイン語は八割がた理解できたのですが、やはりどうせガイドしてもらうなら、母国語の方がよいですよね?

ご安心ください。日本語ガイド付きのツアーもあります。

太陽をあがめ、甦りの思想がどこか日本と似るこの地球の反対側にある国の不思議を、思いっきり実感してきて下さい。

■テオティワカン半日観光ツアー(日本語ガイド付き)
取扱会社:株式会社 メキシコ観光
価格:大人US$75、子供 US$52.5
催行日:毎日
所要時間:約4時間
HP:http://www.mexicokanko.com.mx/Jp/op/piramide.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。