ゆらぎ肌になる原因は「乾燥」

季節の変わり目になると、肌が敏感になってピリピリしたり、吹き出物ができたりと調子が悪くなる……。このような“ゆらぎ肌”が年々増えてきているようです。特に春はゆらぎ肌が急増するシーズン。冬から春への気温差に肌が対応しきれずに乾燥し、肌が不安定になることでバリア機能が低下してしまうことが原因です。

肌のバリア機能が低下すると、水分と油分のバランスが乱れ、皮剥けやアレルギー(炎症)をおこしやすい敏感な状態になってしまいます。このような状態の肌に、春は急激に強くなる紫外線で水分不足が助長され、アレルギーを含んだ花粉による外的刺激が加わることでかゆみなどの症状を引き起こします。

ただ、こうして起こる敏感肌トラブルの多くは、肌に抵抗力があれば防ぐことができます。そのためには、バリア機能を正常に保ち、潤いに満ちた健全な肌を育むことが大切です。


たっぷり保湿のスキンケアでゆらぎ肌を改善!

敏感肌対策だからといって、何も特別なケアは必要ありません。普段のお手入れを変えるのではなく、基本ケア方法を見直しましょう。基本のスキンケアを毎日しっかり行い、特に保湿を心がけてみて下さい。
基本のスキンケアを見直して、たっぷり保湿!

基本のスキンケアを見直して、たっぷり保湿!

バリア機能を高めるために、水分プラス油分でしっかりと保湿を行います。肌に摩擦や刺激を与えないよう、クレンジングや洗顔は優しく。化粧水はたっぷり使用し、乾燥する部分には重ねづけをしましょう。さらに油分の多い乳液やクリームで水分に蓋をするケアを忘れずに。乾燥が激しい場合は、ワセリンやバームなどエモリエント効果の高いもの使用してみると良いでしょう。

洗顔/クレンジングや洗顔のやり過ぎは、肌に必要な皮脂膜まで奪ってしまいます。泡で優しく洗う感覚で、ゴシゴシ摩擦を与えての洗顔はNGです。

保湿/たっぷりの水分補給はもちろんですが、その後の油分のケアを忘れずに。化粧水はセラミドなどの肌との親和性の高い成分を配合したものがおすすめです。油分の含有量はゲル、乳液、クリーム、バームといった順番に多くなります。乾燥の度合いによって使い分けてみて下さい。

紫外線対策/紫外線は水分不足を引き起こすので、日頃からUVケアをしっかり行いましょう。UVクリームはもちろんですが、帽子、サングラス、日傘なども併用して万全に。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。