新たな流行は「大容量」

新たなベビーカーがどんどん登場している今、高い注目を浴びている機能が「大容量のバスケット」。赤ちゃん連れはどうしても荷物が多くなりがちですし、近所であっても買い物したものをどうやって運べばいいか困ってしまうこともままあります。

なんといっても、荷物をハンドルに引っ掛けた状態で赤ちゃんを乗せ降ろしし、重心を崩したベビーカーが転倒した……という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

そんなニーズに応えて出てきたのが、大型バスケットや荷受スペースを大きく取っているベビーカー。今回は大注目のたくさんの荷物が積めるベビーカーをご紹介します。

大容量の火付け役、グレコ「シティカーゴ」

undefinedスーパーの買い物かごを積める設計が秀逸!

スーパーの買い物かごを積める設計が秀逸!

大容量ベビーカーの火付け役といえば、昨年9月に発売されたグレコ「シティカーゴ」。収納BOXと呼ばれているバスケットが大きいだけでなく、BOXのサイドを折りたたむことでフラットな「カーゴデッキ」に変身し、スーパーなどの買い物かごがそのまま乗せられるようになるのです。

気になる積載重量は10kg(カーゴデッキの積載重量は5kg)、一般的なベビーカーの倍以上を有しています。これならペットボトル飲料やお米を買う時も安心です!
片手でたためる機能性にも配慮

片手でたためる機能性にも配慮

undefinedたたんだ状態もスマートで、そのまま自立する

たたんだ状態もスマートで、そのまま自立する


シティカーゴのすごいところは、大容量にもかかわらず基本的な機能性をきちんと考慮していること。

同商品は生後1ヶ月から使えるのですが、月齢の小さい赤ちゃんがいると片手でベビーカーをたたまなくてはいけないシーンもたくさん出てきます。そんなときワンタッチで開閉し、しかもそのまま自立するという操作性は非常に魅力的です。

カーゴデッキが後ろに張り出している分、ホイールは全部で5つ。車体重量も6.5kgとやや重いのですが、昨今の商品平均にかなり近く、この機能性でこの重量はかなり驚きです。

押した感じも非常に良好で、乗り物としての完成度が高い印象を受けました。価格も3万円を切るリーズナブルさで、「どんなベビーカーを買ったらいいかわからない」という方にもおすすめの1台です。

グレコ「シティカーゴ」
カラー:カーゴピンク、カーゴグリーン、カーゴブラック
価格:2万9800円
対応年齢:生後1ヶ月~3歳頃(体重15kg)まで
重量:6.5kg
積載重量:10kg(カーゴデッキ積載重量は5kgまで)

 


>> 人気断トツの機種も、実は大容量!