意外と使うことが多い「同じ銀行間」の振り込み

日ごろ、お金を振り込む機会は多いでしょうか。共働きのご家庭なら、夫婦間でお金をやりとりするケースもありますし、親に振り込まれた児童手当を子ども名義の口座に移すケースもあることでしょう。

また、学生さんが故郷の親御さんから仕送りをしてもらっているケースもあるでしょう。他にも、家賃や習い事代など、定期的な振り込みもあるかもしれません。

このように、自分の銀行口座と同じ銀行の口座あてに振り込む機会は、意外とあるのではないでしょうか。
 
振込手数料がお得な方法をチェックしておきましょう。

振込手数料がおトクな方法をチェックしておきましょう。


以前、「子どもの習い事代、振り込みにいかなくちゃ!」とATMに走り、現金を使って振り込んでいる方がいました。「手数料、毎回もったいないよね~」とつぶやいていたので、無料で振り込めるインターネットバンキングをお伝えして喜ばれたことがありました。

振込手数料を無料にするコツについて、知っている人にとっては当たり前だと感じるかもしれませんが、お金の振り込み=銀行に行って振り込んで、手数料が必ず必要だと思い込んでいる方も多いのです。

ATMを使って現金で振り込むよりも、同じ銀行のキャッシュカードを使って振り込む方が振込手数料は基本的に安くなります。さらに、インターネットバンキングを使うと、振込手数料が無料になるか、格段に安くなるケースも。

条件つきで、「どこの銀行に振り込みをしても手数料無料」というネット銀行もありますが、「銀行口座をこれ以上増やしたくない」という人もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、以下の大手銀行5つにおいて、ATMを使って同じ銀行に振り込みをした場合の手数料について、キャッシュカードを使った場合、現金を使った場合、インターネットバンキングを使った場合、それぞれ調べました。
 

ATMやネットで同じ銀行に振り込みをした際の手数料は?

三菱UFJ銀行
○ATMで現金で振込:3万円未満で216円、3万円以上で432円
○ATMでカードで振込:同じ本支店なら無料、違う本支店なら108円
★インターネットバンキングで振込:無料

●三井住友銀行
○ATMで現金で振込:3万円未満で216円、3万円以上で432円
○ATMでカードで振込:同じ本支店なら無料、違う本支店なら108円
★インターネットバンキングで振込:無料

●みずほ銀行
○ATMで現金で振込:3万円未満で108円、3万円以上で324円
○ATMでカードで振込:同じ本支店なら無料、違う本支店なら3万円未満で108円、3万円以上で216円
★インターネットバンキングで振込:同じ本支店なら無料、違う本支店なら3万円未満で108円、3万円以上で216円

●りそな銀行
○ATMで現金で振込:324円
○ATMでカードで振込:同じ本支店なら無料、違う本支店なら108円
★インターネットバンキングで振込:無料

●ゆうちょ銀行
○ATMで現金で振込:通常振り込みなら、5万円未満で150円、5万円以上で360円、電信払い(即時払い込み)なら、5万円未満で540円、5万円以上で756円
○ATMでカード(または通帳)で振込:月1回まで無料、月4回以上は123円
★インターネットバンキングで振込:月5回まで無料、月6回以上は113円

現金を振り込むよりも、キャッシュカードを使って振り込む方が手数料が安めですね。さらに、インターネットバンキングの方が、手数料がぐっとおトクになります。

また、銀行によっては、振り込む金額や本支店が同じかどうかによっても、振込手数料は変わります。もし、振込先をいくつか選べる場合は、自分が持っている口座と照らし合わせながら、おトクな振込先を選ぶとよいでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。