ほぼ同価格だった日産GT-Rよりもお買い得感が出てきた

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はレクサスIS-F(現行)をご紹介したいと思います。
レクサスIS-Fundefinedフロント

8段もありますからギアチェンジが非常にスムーズ。もちろんパドルでギアチェンジが楽しめます。また加速とともに3段階に変化するエンジンサウンドをはじめ、ステアリングを握る人を高揚させるポイントが随所に


レクサスISとしてはBMW3シリーズをライバルに設定した以上、M3にあたる車を開発するのは必然とばかりに、ISがデビューした約2年後の2007年12月にIS-Fが発売されました。

搭載されたエンジンは、レクサスLSに搭載されていたV8の5Lを専用チューンした自然吸気エンジン。古くはトヨタ2000GTのエンジンも手がけたヤマハも開発に参加しています。最高出力は423ps/6600rpm、最大トルクは51.5kg-m/5200rpm。

トランスミッションはトルコン式8速ATですが、エンジン回転力を効率よく駆動輪に伝えるロックアップ機構を備えるほか、あたかもヒール&トゥをしたかのように瞬時にエンジン回転を上げて、シフトダウン時のエンジン回転数を同期させるブリッピング(空ぶかし)コントロールが採用されています。
レクサスIS-Fundefinedリア

純正アルミホイールは鍛造の19インチ。フロントは225/40、リアは255/35のタイヤを装着します。エンジンフード、フロントグリル&フェンダー、前後バンパー、リアスポイラーなどはIS-F専用品です


新車時価格は766万円。当時のM3(現行型)は996万円ですから数字的にはお得感があります。といってもM3よりはほぼ同時期に発売された日産GT-R(現行型)と比較された方が多いのではないでしょうか。新車時価格777万円からと、価格までIS-Fとカブっていましたからね。

いずれにせよ、M3やGT-Rもクーペであるのに対しIS-Fは4枚ドアをもつセダンという違いはあるものの、サーキットでも十分楽しめるというスーパーマシンであることは確かです。その中で、IS-Fがおいしくなってきた、というのが今回のお話です。

同時期発売で同価格帯であるため、中古車でもしばらくはGT-RとIS-Fはほぼ価格差のない“いいライバル”だったのですが、発売から5年以上経った原稿執筆時点で見てみるとGT-Rの最安値が475万円(2008年式/5.2万km/修復歴なし)なのに対しIS-Fは最安値が339万円。

もっともこの車は走行距離が10.4万kmなので、ほぼ同条件となる2008年式/5.4万km/修復歴なしの中古車を見てみると、389万円。86万円の差が付いているのです。またこの価格でも新車時のほぼ半額です。

こうなるとその中身から考えれば、かなりおいしいIS-F。次ページ以降でさらにその魅力を詳しく見ていきましょう。