狭くても、夫には隠れ家を

書斎
1坪でできる男の書斎。効率的な収納がカギになる。ギャラリー収納の銀座ショールームにて
都心部の家で、夫のための書斎を作るのは難しいのが現実です。しかし1坪(2畳)でもいいから、夫のプライベートスペースを設けましょう。特に住宅ローンの責任を夫が負っている場合、自分の空間がないことは、ローン返済の目的を失うことにもなりかねません。

6畳は無理でも、2畳ならなんとかなります。例えば写真の1坪個室は、廊下の突き当たりや階段の周辺など、工夫しだいでなんとか設けられる広さです。大切なのは、プライバシーを完全に守れることです。夫はここで社会や家族から離れ、一人の人間として静かな時間を過ごせます。

ここで大切なのは「家ではいつも一緒にいること=理想の夫婦」という公式は、すでに成立たないということです。成熟した夫婦関係は、お互いが自立した一個人としての関係を持つことです。そのために、プライバシーを守れる空間が重要です。日本の場合、子供にはそれが与えられているにも関わらず、夫にはないケースが多いようです。

夫婦関係の変化に、まだ追いついていない住宅プラン

互いのプライバシーを守る空間を作ることで、新鮮な気持ちを絶やさないコミュニケーションが成立します。あうんの呼吸で全てを理解しあうのが夫婦の理想像とされてきましたが、そこには日本独特の甘えの構造があるように思えます。

社会が変化するにつれ、夫婦の関係も変化しているのに、住宅のプランニングは旧来のまま、「いつも一緒」が理想とされてきました。最近やっと、夫婦が別のくつろぎ空間をもったり(例:ヘーベルハウス「ルフト」 )、別寝室を提案したプランが登場し始めています。

これからは理想像ではなく、夫婦の本音を反映したプランが求められる時代です。互いの人格を認め、本音を隠さずにいられるからこそ、夫婦の愛情は長続きするのではないでしょうか。

【関連記事】
「新築離婚? 最悪のケースを未然に防ぐ」
「ベッド選びを失敗してませんか?」
「寝るだけの寝室を2倍、3倍に活用する」
「オープンキッチンはバックヤードで美しく」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。