小さくて安いピンバッチは多めに買っておくのがおすすめ

 

 イタリア半島やローマ市のマークをかたどったピンバッチ

このふたつのピンバッチは、フィレンツェのシンボル、ドゥオモ前の広場、PIAZZA DUOMOの露店で購入しました。店と言っても、サッカーイタリア代表のユニフォームを着たお兄さんが引く大きなワゴンで、ITALIAと大きく書かれたTシャツやコック(?)帽。なぜフィレンツェで?と思わなくもない、ヴェネツィアのカーニバルの仮面と一緒に、ずらりと布に刺されて売られていました。

一つは、赤白緑。ひとめでわかる、イタリア国旗と同じ色、ブーツ型のイタリア半島をかたどったもの。もう一つは、ローマ市のマークであり、ローマを本拠としたサッカーチームのエンブレムにも刻まれている、雌狼と二人の子ども(ローマの祖とされるロムルスとレムルス)を彫ったものです。

実はこの二つ以外にも、フィレンツェの市の紋章である花をかたどったものや、メディチの六つの球をつけたものなど数個買っていたのですが、帰国後お土産話のついでと友人に見せたらば、あっという間にもらわれていってしまいました。もっと買っておけばよかったと、いまでも少し後悔しています。

ピンバッチは小さくて軽く、1個1ユーロ程度からと安いため、気軽なお土産としておすすめです。とくにイタリアのものは、さすがモードの国と感心するデザインや色のものが多いだけでなく、写真のヴェッキオ宮殿の窓にみられるような紋章を刻印したものもありますから、その由来を調べる楽しみもあります。どこででも見かけますが、多めに買っておかないと、わたしのように泣く羽目になるかもしれませんので、ご注意を!

■購入可能な場所
有名な観光スポットの近くの露店や土産物屋。フィレンツェならシニョーリ広場やドゥオモ広場、ローマならばコロッセウムやフォロ・ロマーノ近く。

※データは記事公開時点のものです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。